Altiris

SymantecからiPhoneもAndroidも管理できる製品発表

2011年10月20日にSymantecから面白そうな製品が発表されました。Symantec Mobile Management 7.1です。Symantec Mobile Managementは弊社で扱っているDeployment Solution 7.1Client Management Suite 7.1の基盤であるSymantec Management Platform上で動作します。リリースノートによるとスマートフォンだけでなく、タブレットまでモバイルデバイスを管理できるようです。7.1以前にもMobile Managementは存在しましたが、サポートされるデバイスのプラットフォームはWinodws MobileとWindows CEのみで、現状ではあまり現実的ではありませんでしたが、7.1からはApple: iOS 4.1 以上のiPhone 3G, 3GS, 4 と iPad、Android2.2以上のスマートフォンとタブレット、Windows PhoneとWindows Mobile、 Blackberry OS 4.3以上、他にWebOS 1.4.5 と Symbian v5.0.50がサポートされます。iPhone4Sには追いつきませんでしたが現在、使用されているデバイスのほぼ全てを網羅できたのではないかと思われます。

管理機能として注目はEnterprise AppStoreと言われるアプリケーション配布機能とMobile Contents Libraryと言われる色々なコンテンツをモバイルデバイスへプッシュする機能です。iPhoneやiPadへアプリケーションをインストールしようとすると、Apple Store経由でしかインストールができませんでした。しかし、Symantec Mobile Management 7.1では”自前で開発したソフト”ならば、管理モバイルデバイスへEnterprise AppStoreからインストールできるようになる訳です。もちろんApple Storeからダウンロードすべきソフトをインストールするように指示する事もできます。企業として使わせたいソフトを管理されたモバイルデバイスへユーザーが必要な時にインストールできる訳です。 そして。Mobile Contents Libraryは様々なドキュメントをプッシュできる訳ですから、会議前に必要なドキュメントをモバイルデバイスへプッシュし、会議にはそのモバイルデバイスを持って参加するような事もできます。

これから企業では更にタブレットを含めたモバイルデバイスが活躍する場面が多くなると思われます。しかし、デスクトップPCに変わってノートPCが使われ始めた頃は個人所有のノートPCを企業ネットワークへ接続しセキュリティが低下して様々な問題が発生してしまいました。このSymantec Mobile Managementはこれから活躍が期待されるモバイルバデイスを安全に効率よく企業で使用できるように管理できそうです。

しかし、残念ながらSymantec Mobile Management 7.1は現時点では発売されていません。発売は2011年11月21日の予定です。また、弊社での取り扱いも未定です。

*************************************************************************************************************************
申し訳ありませんが、ブログ内容についての技術的お問い合わせは行っておりません。
**************************************************************************************************************************

Apple: iOS 4.1 and above (iPhone 3G, 3GS, 4 and
above, iPad 1 and 2)

Symantec Management Consoleが遅いと感じた時の対処

Client Management Suite や Deployment Solution 7.1 を使用する場合、重要なツールである、Symantec Management Console。例えばDeployemtn Solution 7.1を使う場合に全てを同じサーバーで処理しようとすると、Deployment Solution自身にPXE Server、更にSQL ServerとIISも動作させるので、ちょっと動作が重たく感じる場合もあるかもしれません。そこで、 Symantec Management Consoleが遅いと感じた時の対処方法をいくつかご紹介します。

» 続きを詳しく読む

Altiris Deployment Solution 6.9からSymantec Ghostの機能を使う

弊社で販売している Symantec Ghost Solution Suiteですが、このGhostが持っている様々な機能の一部を Altiris Deployment Solution 6.9でも使用する事ができます。これはDeployment SolutionがGhostの機能を一部内包しているからです。内包しているのはイメージングエンジンとGDISKです。イメージングエンジンについては既にご存知の方も多いかと思いますが、GDISKは パーティション作成、Master Boot Recordの再初期化、データ削除、ワイプが行えるユーティリティです。このGDISKを使用するには » 続きを詳しく読む

iPhoneでCMSコンソールを操作!?

スマートフォンブームの中で大人気のiPhone、通勤電車の中ではそっちでも、あっちでも画面を指先で突いたり、擦ったりしている姿が目立ちます。NetJapanブログ読者の中にも使っていらっしゃる方が多いと思います。最近はビジネスでもスマートフォン導入が増えてきていますので、既にiPhoneを有効活用されている方の中には「Deployment SolutionやClient Management SuiteをiPhoneからコントロールできたら便利なのに」とお考えの方が居るかもしれません。残念ながらDeployment SolutionとClient Management SuiteのWebコンソールはIE用のActiveXが使われているのでActiveX未対応ブサウザであるiPhoneのSafariからではコントロールできないのですが・・・・ » 続きを詳しく読む

Altiris Deployment SolutionのTokenで簡単アンセット管理

Altiris Deployment Solution 6.9は管理対象コンピュータの様々なインベントリ情報を収集しています。コンピュータ名、IPアドレス、搭載されているCPU、メモリ容量などです。しかし、Deployment Solutionはイメージ展開機能が主ですので、なかなか収集したインベントリを活用できていません。しかし、ちょっとした工夫で簡単なアセット管理も行えます。

» 続きを詳しく読む

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.