展示会

わぁるど 2018北陸&金沢女一人旅

毎年盛大に行われるダイワボウ情報システム株式会社様主催の「DISわぁるど in 北陸 かなざわ」に今回も参加させていただきました。

2日間に亘り行われるDISわぁるどは、毎回広い会場で多くの出展社だけでなく地元の企業や、またケータリングとして地元のB級グルメも出展され、ちょっとしたお祭り気分を味わうことができます。

今回ネットジャパンは、セキュリティ部門に参加させていただきました。

  

 

バックアップソフトは今や企業が管理している顧客データなどの情報がウィルスによって流出するのを最終的に防ぐツールとして注目されています。

ネットジャパンも ActiveImage Protectorで、日々のバックアップを行っていただき、いざウィルスにデータが犯されても、バックアップしている犯される前のデータを持ってくることにより、被害を最小限に防げると展示会では紹介しました。

でも、今回の展示会はバックアップの ActiveImage Protector より、簡単にキッティング作業ができる ActiveImage Deploy USB のほうが注目されました。

Windowsのアップデートに伴いPCの入れ替えをされる企業、機関、学校などが増えています。そんな時、こんな問題を抱えている会社やインテグレータが多いこと・・

・某キッティングソフトの高騰・・、予算が・・

・作業スペースが無い。借りるのにもお金が・・

・ネットワークなどの配線作業に時間も人手もかかる。

・クローニングの設定など、技術者の確保が難しい。人件費も・・

ひとつでも当てはまる問題があれば、ActiveImage Deploy USB は全てを解決しますという話をすると最初は疑いの目で見られましたが(笑)、USBを使用してのキッティング作業について説明をするとすぐ興味の目に変わります。

そして、簡単なデモを披露したらその作業スピードとクローニングの簡単さに驚かれ、もっと詳しく話を聞きたいと多くの来場者がネットジャパンのブースに長居してくれました。

今回はネットジャパンの営業員2人と“おまけ”のスタッフ、合計3人で参加しましたが、説明員が足りないくらい・・。

嬉しい叫びです。

 

1日目も、2日目も ActiveImage Deploy USB が大盛況で終わりました。

もう少し、 ActiveImage Protector の説明もしたかったなぁ・・というのも正直なところです。

また次回の展示会やDISわぁるどでも、この ActiveImage Deploy USB 旋風が巻き起こるのが目に見えますね。

 

さて、今回のDISわぁるど in 北陸は金沢で水曜、木曜と行われました。

歴史と食の都です。さっさと東京に戻るのはもったいない。ということで金曜は有休を取って女一人旅をしました。

当日最高気温35度の中、日傘、帽子、飲み物持って、いざ出陣!
ホテルを出た瞬間から、もう惨敗です。暑さには勝てません。

でも前の晩に立てた計画通り、行きたい場所に行くため気合い入れ直し、再度出陣。

1.東山ひがし茶屋街

ここでは、茶屋街を散策し、かき氷を食べる計画。
無事計画完了!

2.兼六園と金沢城
何度か来たことがあるのでサクッと散策

3.石川県立美術館と金沢21世紀美術館
7月22日で終わってしまう「若冲と光瑤」展を見て、21世紀美術館ではあの有名なプールを見る。
計画完了!

4.長町武家屋敷跡
どの県にもある武家屋敷とあまり変わりませんでしたが、武士の気分を楽しめました。

5.利家とまつ ゆかりの地、尾山神社へ
大河ドラマの中でも5本の指に入るくらい好きだった「利家とまつ」、銅像を拝んできました(笑)

6.近江町市場
海鮮丼食べるぞ!!

7.金箔ソフト
金沢駅の喫茶店が1番安く、涼しくて、雰囲気良かったです。

 

計画した7つ、全てミッションコンプリート( ‘ v ‘)ق”

暑くて、汗が尋常ではないほど流れ出て、かなり外を歩いてペットボトル3本飲みながらの観光でしたが、倒れずにすみました。大いに楽しめましたが、猛暑の中の観光は二度としたくないなぁ

DIS ICT EXPO 2018 in 福岡

今期も展示会シーズンが始まり、先日のCloud Days 2018福岡に続きまして、今回はダイワボウ情報システム様主催のDIS ICT EXPO 2018 in 福岡に参加してまいりました。

今回は、現在絶賛プロモーション中のActiveImage Deploy USB も展示しており、それ目当てのお客様も多く弊社ブースにお立ち寄り頂きました。
展示会場には各社がひしめき合っており、ご来場のお客様も多く、1日中話をしっぱなしでした。

会場受付には、のぼりも設置され盛り上がります。

会場も天井が高くて解放感がありますが、この中にびっしりとブースが立て込んでいました。

沢山の出店メーカーがあるので、来場されている方も体力勝負です。

弊社のブースは

毎度のパターンですが、簡単に製品を見ていただけるようにPCを設置しています。
Windows10への移行が本格化するのは来年度ですが、すでに一部では始まっており、その展開に皆さま悩んでいるようです。弊社のActiveImage Deploy USBは価格、操作性、作業効率など非常にポータビリティに優れたソリューションとなります。会場に来た方にも見て頂きましたが、1番驚かれるのは何と言っても10GBのイメージが30秒程度で完了するこのスピードです。

まだまだ今月は各地で毎週展示会を行いますので、お近くの開催時には是非ネットジャパンブースにお立ち寄りください。

6月13日(水)- 14日(木)はCloud Days 2018 名古屋 に出展しております。

そしてその後は牛タン王国仙台、さらには避暑地の長野、来月にはダイワボウ様主催のわぁるど金沢に出展しております。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

By Sato

<ActiveImage Protector 開発10周年記念新製品セミナー開催>~後編~

ActiveImage Protector 開発10周年記念新製品セミナー開催>~後編~

 

■15:40~16:10  進化していくバックアップの未来

短い休憩が終わり、第2部の最初は、今回のセミナーのために米国より来日しました、(株)ネットジャパンのチーフアーキテクトのジェイミ―・カービーによる「進化していくバックアップの未来」の講演です。ジェイミ―・カービーは、ActiveImage Protectorの初期段階からバックアップのコアエンジンの開発に携わってきました。Windowsカーネル開発の分野ではマイクロソフト社からMVPを3年間連続して受賞した、世界的にも有名なエンジニアです。ネットジャパンのバックアップソリューションの未来に向けた革新的な技術とは……

  • クラウドバックアップとコストパフォーマンス
  • クラウド・ポータブル・サーバーのバックアップ
  • クラスター共有ボリュームに関するトラッキング
  • ソフトウェア・デファンドの重複排除サーバー
  • インテリジェントバックアップ

ネットジャパンの今後の製品にご期待ください。

 

■16:10~17:00  パネルディスカッション

本イベントもいよいよ佳境に入り、「次世代のバックアップとは」というテーマで熱い討論が交わされました。パネリストとして、ヴイエムウェア(株) 下村 京也様、NECソリューションイノベータ(株) 水落 裕二様、トヨタテクニカルディベロップメント(株) 加藤 敦様と(株)ネットジャパン 野村 広が登壇しました。コーディネーターはネットジャパンの執行役員の佐藤尚吾です。

ActiveImage Protector への厳しいご意見、ご要望、クラウドとオンプレミス環境どちらがよいのか、実際の現場のディザスタリカバリーで直面する問題など、熱いディスカッションが行われました。 時にはパネリストの皆様がご自身の立場を忘れ過ぎた?ぶっちゃけ話も飛び出し、会場は大盛り上がりでした。内容は……ここではとても書けません。

 

■17:00~17:30 新製品のデモ

セミナーの最後のプログラムは、この7月にリリースを予定している、ActiveImage Protectorの総合管理コンソールのClient Management Center (CMC)と3月に発売開始以来、多方面から注目されているキッティング・ツールのActiveImage Deploy USBの実機によるデモです。

CMCでは実際にネットジャパン社内のテスト環境へリモートで接続し、コンピューターの一覧の取得、バックアップテンプレートの作成、配布を実機で行いました。これはスマートフォンのテザリング(しかも速度制限がかかっていた)で行ったのですが、データ転送量が少ないため、その状態でもストレスなく動作するところをお見せすることができました。

ActiveImage Deploy USBでは、実際にノートPCを使いUSB起動してボタン一つで復元するデモを行いました。60GBのデータの復元がわずか5分程度で完了しました。

実は、本番当日、現場で機材の準備をしていたところ、デモで使うノートPCをUSBで起動(Windows PE起動)した際に、外部プロジェクターへ出力できないことが分かり、大変焦ってしまいました。 試行錯誤の結果、iPhoneのSkypeでビデオ通話をしてプロジェクターに表示するという、前代未聞のデモになってしまいました。 臨場感はあったと思いますが、かなりの準備不足で反省しています。

■17:50~19:30 懇親会

セミナーに引き続き、(株)ラネクシー 代表取締役社長 竹田 昌生様の乾杯の音頭で、懇親会が始まりました。セミナーに参加してくださった皆様のほとんどが、懇親会にも出席して、ActiveImage Protectorの開発10周年を盛大にお祝いしてくださいました。

ActiveImage Protectorの開発には色々な苦労がありましたが、皆様のお蔭でどうにか10周年を迎えることができました。皆様、本当に有難うございました。

前編はこちら

<ActiveImage Protector 開発10周年記念新製品セミナー開催>~前編~

ネットジャパンがActiveImage Protector の開発に着手してから今年でちょうど10年になります。5月17日(木)に開発10周年を記念して、新宿の京王プラザにてセミナーを開催しました。参加者は、日頃からActiveImage Protectorの販売にご協力いただいている、SIerの皆様、販売パートナーの皆様、OEM先や協業会社の皆様です。GW明けの翌週でお忙しい中、総勢60名以上の方々にお集まり、大盛会となりましたこと、このブログをお借りして心から御礼申し上げます。

■14:00~受付開始

受付けは14:00から開始されました。14:30開演ですので、受付けは大忙しです。

ヴイエムウェア(株)様からは、豪華なお祝いのお花をいただきました。受付の周辺がぱっと華やかになりました。

■14:30開演 ビデオ上映

開演と同時にネットジャパンのロゴをモチーフにしたビデオを上映しました。BGMを作曲したのはネットジャパンのスーパー営業マンの佐藤 尚吾です。

■14:30~14:55  来場の皆様へのご挨拶

ネットジャパン代表取締役社長 蒋 冠成から皆様へお礼のご挨拶を申し上げました。その後「日本の小さな会社が、世界に通じるバックアップソリューションを開発し、グローバル企業を目指す」と言うタイトルで、ActiveImage Protectorの開発に着手してからの10年間、様々な苦難の道をたどりながらも、仮想変換、重複排除圧縮、即時復旧やスタンバイ可用性などの技術を生み出した経緯をお話しいたしました。

■14:55~15:00  ネットジャパンの海外展開

続いて、副社長の山崎 純二がネットジャパンの海外展開についてプレゼンテーションを行いました。ネットジャパンでは、この数年間で世界で南米、ロシア、南アフリカを除いた全地域で販売拠点を設置いたしました。これにより、海外で事業を展開している日本の企業が世界のどこででも安心して、ActiveImage Protectorを使用できるようになると思います。

■15:00~15:10  ご挨拶 (1)

最初にご挨拶をいただいたのは(株)ラネクシー 代表取締役社長 竹田 昌生様です。ラネクシー様は日本のソフトウェア・ディストリビューションの世界では著名な会社で、ディストリビューションのエキスパートです。日本においてアクロニスの市場を開拓し、大成功を収めました。ネットジャパンにとって尊敬すべき良きライバルです。2016年に当社の強力なディストリビューション・パートナーとして協業いただけることになり、現在ラネクシー様版のActiveImage Proctor-REを販売していただいています。ネットジャパンにとっては本当に心強いパートナーです。

■15:10~15:20  ご挨拶 (2)

次に、ご挨拶をいただきましたのは、  (株)アイ・オー・データ機器 企画開発部 宇津原 武様です。(株)アイ・オー・データ機器様は、ハードディスク、NASのメーカーとして圧倒的なシェアを誇っています。ネットジャパンとは長年にわたり、協業し、ビジネスNAS製品(LAN DISK)にActiveImage Protectorをバンドルしていただいています。

■15:20~15:30  ご挨拶 (3)

3番目にご挨拶いただきましたのは、  日本電気(株)グローバルプラットフォーム本部の加藤  啓様です。ネットジャパンはNEC様のExpress5800 ftサーバおよび高可用性ソリューションであるCLUSTERPROに特化したActiveImage Protectorを開発し、販売しています。NEC様の海外のユーザー様にもこれらの製品を提供できるように、協業が開始され、APACを中心に積極的に販売を展開していただいています。

■15:30~15:40 Coffee Break

ここでちょっと休憩です。コーヒーと紅茶、京王プラザホテルのブランデーケーキとレモンケーキで一息つきました。

後編へ続く

 

「DIS ICT EXPO 2018 in 大宮」出展報告

2018年5月18日(金) 大宮ソニックシティにおいて、「DIS ICT EXPO 2018 in 大宮」の展示会に、キッティングツール「ActiveImage Deploy USB」とイメージバックアップツール「ActiveImage Protector」を出展しました。

 

  • 展示タイトル

世界一簡単なキッティングとシステム保護

 

  • 出店概要

USBメモリー単体で1クリックでマスターイメージを作成し、復元可能な新しいキッティングツール「ActiveImage Deploy USB」をリリース。規模問わずに簡単な運用を可能とするシステム保護ソリューション「ActiveImage Protector」。

 

今回、初めて展示会で紹介するキッティングツール「ActiveImage Deploy USB」への反響の高さに驚いています。まず、「ActiveImage Deploy USB」の特長を簡単に説明すると、1つめは、USBメモリーを起動環境とし、マスターイメージの取得や展開を1クリックで簡単に行うことができます。

 

2つめは、マスターイメージの取得や展開に、「ActiveImage Protector」のイメージングエンジンを使用していますので、非常に高速に処理することができます。参考までに、今回のデモ環境で用意した、約60GB容量のPC環境のマスターイメージの展開処理は約5分程度で完了します。

 

3つめは、コストです。まず、価格について、例えば100ライセンスの場合の単価(定価、税別)は1,660円とリーズナブルな価格設定になっています。また、従来のキッティングツールで必要とされる、配信サーバやネットワーク環境、作業するための広い場所は不要となります。それと、従来のキッティングツールの操作には、それなりの熟練が必要となりますが、「ActiveImage Deploy USB」はUSBメモリーから起動する設定だけですので、だれでも操作可能です。

 

お客様の反応として、新しいキッティング方法として、「ActiveImage Deploy USB」の採用を検討したいという声を多くいただきました。また、“多量なPCを出荷する際のキッティング作業は時間との戦いもあり、だれでも操作できそうなので、いざとなったら営業でも戦力になりそうですね。”と半分冗談交じりにお話をされていました。

 

それと、気になったのが従来のキッティングツールへの不満の声の多さです。弊社も昨年まで販売を行っていた立場ですので、なんとも言い難いですが、「ActiveImage Deploy USB」がPCのキッティング作業に少しでもお役に立てればと感じた次第です。

 

最後に、今回も多くのお客様に、お立ち寄りいただきありがとうございました。この後も各地での展示会に出展する予定ですので、お時間がございましたら、是非、お立ち寄りいただければ幸いです。

 

参考までに、今後の展示会予定のページです。

https://www.netjapan.com/jp/learning/event

 

  • 会場の風景

展示会場の大宮 ソニックシティです。(DIS様のパンフレットの画像より)

私の出身は、埼玉県の田舎ですが、少し都会の大宮には、よく遊びに行ったものです。

 

展示会場の受付前です。開場前に、こっそり撮影させていただきました。

 

ネットジャパンの展示コーナです。シンプルでいい感じですね。

 

「ActiveImage Deploy USB」のデモに使用したNEC様のノートPCです(特に、宣伝料はいただいておりません)。約60GB容量のPC環境のマスターイメージの展開は、なんと約5分程度で完了します。

 

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.