営業ブログ

ネットジャパンセミナー便り41号 ~ 2018年9月セミナーについて

猛暑、猛暑、猛暑が続いて台風が来て少し暑さが和らぎました。日本各地で台風、豪雨被害が起きているのでこの後、秋の台風シーズンがとても心配です。

日本橋のオアシス”福徳の森”は、風鈴に加えて沢山の提灯が飾られて夏祭りバージョンになっています。毎週末盆踊りや金魚すいくなどお祭りが開催されています。

今月は、先月の三重テラスのカツオ生鰹につづいて、鰹節、日本橋鰹節専門店”大和屋(http://katsuobushi.net/)“さんのご紹介です。

鰹節は、低カロリーで、カルシウム、ミネラル、消化の良いたんぱく質も含まれています。さらにお肌のはりを維持するコラーゲンの働きを活性化させてくれる美容にも良い食材だそうです。

美容に良いと聞くと食べることが嬉しくなりますよね。

今回お店の方に色々と聞きながら食べ比べに4種類購入しました。カツオだけではなくマグロもあって、マグロ好きの私は、削りぶしもマグロが一番好きでした。

おつまみぶしという少し厚みのあるものも購入しました。香りがとても良く、お醤油の中に少し入れておいても良いそうです。また削り節は冷凍庫にいれても凍らないので、冷凍庫保存がお薦めだそうです。

サラダに、ご飯に、お味噌汁に鰹節をガンガン入れて、残暑を元気に乗り切りたいと思います。

是非セミナーお越しの行き帰りに寄ってみてください。こぢんまりとした店舗ですが、日本橋三越のまん前なのですぐにわかると思います。

 

9月はセミナールームのマシンのリニューアルのため、定期セミナーはお休みします。

以前のマシンはそのまま、新しい環境を構築しますので、ご要望があれば個別セミナーは開催可能ですのでご連絡ください。

 

10月より、20188月にリリースしました ActiveImage Protectorの集中管理コンソール、ActiveVisor を使用したActiveImage Protectorクライアントの管理の実習を含めたセミナーを従来のセミナーと合わせて開催します。

ActiveVisor の概要はこちら:

https://www.netjapan.com/jp/products/activeimage-protector/activevisor

 

 

10月の日程は決まり次第ホームページでご案内します。楽しみにお待ちください。

個別セミナーのご相談はこちらにご連絡ください。

Email seminar@netjapan.co.jp

TEL 03-5256-0877 

GATI(台湾)セミナーレポート 2018年7月25日

台湾のパートナーGeneral Advanced Technology Inc.(GATI)が、7月25日にユーザーとリセーラー向けに開催した ActiveImage Protector 2018 紹介セミナーの報告を送ってくれました。

今年はハンズオンセミナーを含めて5回目のセミナーで、いずれのセミナーも盛況でした。

台湾でコンピュータのバックアップといえば、”ActiveImage Protector”認知度No.1!になれる日も近いかもしれないですね(笑)

セミナー当日のスケジュールです。

今回は映画「Mission : Impossible-Fallout」にかけた、セミナータイトル「The IMPOSSIBLE MISSION of the security, the disaster is completely FALL OUT」でしたので、セミナー終了後出席者の皆様と映画「Mission : Impossible-Fallout」を鑑賞しました。

参加人数は44名で申込に対して7割近い出席率でした。質問も多く、新バージョンActiveImage Protectorに対する関心の高さが感じられるセミナーでした。

 

セミナー会場の様子です。

暑い中セミナーにお越しいただきました台湾の受講者の皆様、ありがとうございました。

台湾の皆様により活用していただける製品になるよう、今後もGATIと一緒に頑張って行きます。

GATI(台湾)のハンズオンセミナーレポート

台湾のパートナーGeneral Advanced Technology Inc.(GATI)が、ご好評いただいた5月、6月のセミナーに続き、7月17・18日の2日間、台中、台南(高雄)でユーザ/リセーラー様向け「新バージョン2018のハンズオンセミナー」を開催し、レポートを送ってくれましたのでお届けします。

今回のセミナーでは、最新バージョンの新機能や機能強化点を前半はスライドでご紹介し、後半では1人1台の実機をご用意し、最新版 ActiveImage Protector 2018 の運用を実際に体験していただきました。

 

受付の様子はこのような感じで、ノベルティの ActiveImage のボールペンを置いています。

今年のノベルティのボールペンは“オレンジ”です。

新バージョン2018を象徴して、パワーアップをイメージしています。

日本のハンズオンセミナーでも配布しています。

ハンズオン・ルームの様子はこちらです。

  

セミナーにご参加頂きました皆様からの声(一部抜粋)は次の通りです。

・実機を使いながらなので、理解度高く操作を進めることが出来ました。

・講師が丁寧に具体的に説明をしてくれたので、とてもわかりやすかったです。

 

上記以外にも、受講者の方からは実機を使うことでより視覚的に ActiveImage Protector の機能を理解することができたなどのコメントもいただきました。

猛暑の中、2日間多くのお客様に足を運んでいただき、本当にありがとうございました。

わぁるど 2018北陸&金沢女一人旅

毎年盛大に行われるダイワボウ情報システム株式会社様主催の「DISわぁるど in 北陸 かなざわ」に今回も参加させていただきました。

2日間に亘り行われるDISわぁるどは、毎回広い会場で多くの出展社だけでなく地元の企業や、またケータリングとして地元のB級グルメも出展され、ちょっとしたお祭り気分を味わうことができます。

今回ネットジャパンは、セキュリティ部門に参加させていただきました。

  

 

バックアップソフトは今や企業が管理している顧客データなどの情報がウィルスによって流出するのを最終的に防ぐツールとして注目されています。

ネットジャパンも ActiveImage Protectorで、日々のバックアップを行っていただき、いざウィルスにデータが犯されても、バックアップしている犯される前のデータを持ってくることにより、被害を最小限に防げると展示会では紹介しました。

でも、今回の展示会はバックアップの ActiveImage Protector より、簡単にキッティング作業ができる ActiveImage Deploy USB のほうが注目されました。

Windowsのアップデートに伴いPCの入れ替えをされる企業、機関、学校などが増えています。そんな時、こんな問題を抱えている会社やインテグレータが多いこと・・

・某キッティングソフトの高騰・・、予算が・・

・作業スペースが無い。借りるのにもお金が・・

・ネットワークなどの配線作業に時間も人手もかかる。

・クローニングの設定など、技術者の確保が難しい。人件費も・・

ひとつでも当てはまる問題があれば、ActiveImage Deploy USB は全てを解決しますという話をすると最初は疑いの目で見られましたが(笑)、USBを使用してのキッティング作業について説明をするとすぐ興味の目に変わります。

そして、簡単なデモを披露したらその作業スピードとクローニングの簡単さに驚かれ、もっと詳しく話を聞きたいと多くの来場者がネットジャパンのブースに長居してくれました。

今回はネットジャパンの営業員2人と“おまけ”のスタッフ、合計3人で参加しましたが、説明員が足りないくらい・・。

嬉しい叫びです。

 

1日目も、2日目も ActiveImage Deploy USB が大盛況で終わりました。

もう少し、 ActiveImage Protector の説明もしたかったなぁ・・というのも正直なところです。

また次回の展示会やDISわぁるどでも、この ActiveImage Deploy USB 旋風が巻き起こるのが目に見えますね。

 

さて、今回のDISわぁるど in 北陸は金沢で水曜、木曜と行われました。

歴史と食の都です。さっさと東京に戻るのはもったいない。ということで金曜は有休を取って女一人旅をしました。

当日最高気温35度の中、日傘、帽子、飲み物持って、いざ出陣!
ホテルを出た瞬間から、もう惨敗です。暑さには勝てません。

でも前の晩に立てた計画通り、行きたい場所に行くため気合い入れ直し、再度出陣。

1.東山ひがし茶屋街

ここでは、茶屋街を散策し、かき氷を食べる計画。
無事計画完了!

2.兼六園と金沢城
何度か来たことがあるのでサクッと散策

3.石川県立美術館と金沢21世紀美術館
7月22日で終わってしまう「若冲と光瑤」展を見て、21世紀美術館ではあの有名なプールを見る。
計画完了!

4.長町武家屋敷跡
どの県にもある武家屋敷とあまり変わりませんでしたが、武士の気分を楽しめました。

5.利家とまつ ゆかりの地、尾山神社へ
大河ドラマの中でも5本の指に入るくらい好きだった「利家とまつ」、銅像を拝んできました(笑)

6.近江町市場
海鮮丼食べるぞ!!

7.金箔ソフト
金沢駅の喫茶店が1番安く、涼しくて、雰囲気良かったです。

 

計画した7つ、全てミッションコンプリート( ‘ v ‘)ق”

暑くて、汗が尋常ではないほど流れ出て、かなり外を歩いてペットボトル3本飲みながらの観光でしたが、倒れずにすみました。大いに楽しめましたが、猛暑の中の観光は二度としたくないなぁ

熱いぞ暑いぞ! デス ヴァレー国立公園(アメリカ)

English Version

こんにちは、Fe@NJです。

今回は、カジノで有名な ラス ヴェガス(Las Vegas)から、デス ヴァレー国立公園(Death Valley National Park)往復の、熱い暑い日帰りのバスツアーを紹介します。

 

夏季、デス ヴァレー の平均気温は38度C(100度F)、しばしば48度C(120度F)を越えます。当然ながら、ツアーでは、紫外線や日焼けにも十分な注意が必要です。観光のベストシーズンは冬かも知れません。

 

①早朝、ラス ヴェガス のホテルを小型バスで出発。

積み込んだ飲料水のボトルの割り当ては一人約4リットル(1ガロン)!

 

②③デス ヴァレー国立公園の入口まで、片道約3時間。

  

④⑤隆起によって生じた地形・・・異様な風景だ。

  

 

バッドウォーター ベイスン(Badwater Basin)

「北米大陸で、最も熱く、最も乾燥した、最も低い地」(the Hottest, Driest, and Lowest Land in North America)と言われる。

海抜はマイナス85.6メートル。

大昔の海が干上がったため、大量の塩(地表の白いもの)が残存している。

 

⑦穴に塩水が滲み出て溜まっている。しょっぱい。

 

⑧地球にも未だにこんな場所があるとは。

 

⑨植物にとっても過酷な環境だ。

 

⑩異次元体験を終え、不夜城のラス ヴェガス に戻ったのは暗くなってから。

静寂で、何も無かった デス ヴァレー がやけに懐かしく感じた。

冬に、ラス ヴェガス、デス バレー国立公園への旅のプランを立ててみたらいかがでしょうか?

次回もお楽しみに♪

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.