人生を豊かにする鉄道の旅

『快速きらきらうえつ』号への誘(いざな)い

English Version

Fe@NJです。こんにちは。

 

ご愛読いただきました「人生を豊かにする鉄道の旅」シリーズ全6話ですが、早いもので最終回となりました。

 

1.今回は、新潟県 新潟駅 と 山形県 酒田駅 の間、約2時間半(約170km)、日本海沿いに走る『快速きらきらうえつ』号(以下、「きらきらうえつ」と略記)をご紹介します。きらきらうえつは、引き続き今年度も、原則、毎週末に運転される予定です。また、臨時で、最長、秋田県 秋田駅 まで運行されることもあるようです。

https://www.jreast.co.jp/railway/joyful/uetsu.html

 

2.「きらきらうえつ」の特徴は以下のとおりです。

(1)全車指定席の快速列車。運賃に加え、指定席券(520円・・・例外日あり)が必要。

 

(2)4両編成で、両端2箇所に展望室を備える。

編成は、酒田方より

1号車   普通席+展望室

2号車   ラウンジカー

3号車   普通席

4号車   普通席+展望室

 

(3)日本海・田園風景・鳥海山等の眺めが十分楽しめる。

特にお勧めは展望室のすぐ後ろの席。

 

3.私たちが乗車したのは、八月の延長運転日で、運行区間は 新潟駅 ~ 秋田県 象潟(きさかた)駅でした。

日帰りで全区間の往復だったため、象潟の滞在時間は2時間弱でしたが、タクシー利用にて、早足で観光しました。

象潟駅周辺は、鳥海国定公園の一部であり、素晴らしい自然をエンジョイしました。

①『きらきらうえつ』

新潟駅にて。10時過ぎに発つ。シャツとシューズの色を、列車とマッチング!

②先頭車両

前展望を愉しむ。

③雨に煙る漁港(往路)

④茶屋(売店)(2号車)

⑤ラウンジ(2号車)


⑥終着の象潟駅

⑦水しぶきに煙る「元滝伏流水」(平成の名水百選)

⑧景勝地・象潟

宮城県の松島(日本三景)のような「多島の潟」(『九十九島』)であったが、1804年の象潟地震(推定最大震度6~7)による隆起で、「潟」が陸地となったもの。かつての「島」は松樹とともにその面影を残し、元の潟は稲田となった。

⑨蚶満寺(かんまんじ)の山門(市指定有形文化財)

境内に、当地を訪れたとされる俳聖・松尾芭蕉(まつおばしょう)の句碑がある。

⑩日暮れ時の日本海(復路)

 

「鉄道の旅シリーズ」はいかがでしたか?

ネットジャパン製品の記事とともに、拙稿をお読みいただき、心より感謝申し上げます。

See you again!

Fe@NJ

Asking to “Repid Kirakira Uetsu”

Japanese Version

Hi, this is Fe@NJ, who has passed Second Grade of Timetable Test in Japan.

 

How time flies and it is the final stop of “More Abundant Life by Railway Trip” Series, of six accounts.

 

  1. Let me introduce a train, “Rapid Kirakira Uetsu“, serviced between Niigata, Niigata Prefecture and Sakata, Yamagata Prefecture, (approximately 2 1/2 hours, 170 km / 105 miles) along Sea of Japan, is scheduled to be operated on weekends, as a general rule. Moreover, it seems that it is also occasionally run to the longest, Akita of Akita prefecture.

http://www.jreast.co.jp/e/joyful/uetsu.html

 

  1. Features of this train

(1) All seats are reserved.  It is necessary to purchase not only the applicable basic fare ticket and also the reservation seat ticket in the amount of 520 Yen with exceptional days.

 

(2) A four-car train has observation rooms at both ends.

The Car Layout is as follows:

Car no. 1: Ordinary Seats and Observation Room(For Sakata, on this side

Car no. 2: Lounge Car

Car no. 3: Ordinary Seats

Car no. 4: Ordinary Seats and Observation Room

 

(3) You can experience the wonderful view of Sea of Japan, the rural landscape and Mt. Chokai.  The seats just behind the observation room are highly recommended!

 

  1. We boarded it on the day of August between Niigata and Kisakata, Akita Prefecture, to be extended. Although it is tight to take a day and round trip in all sections, and the staying time in Kisakata is less than two hours, we could take a taxi and went sightseeing quickly.

The area around Kisakata Station is part of Chokai Quasi-National Park and we were impressed by the wonderful scenery.

① ”Kirakira Uetsu”

At Niigata Station

Departed after 10 o’clock:  Matching the color of shirt and shoes with train!

② The front car

Enjoying the prospects.

③ A fishing port in the rain (outbound)

④ Cya-ya (Kiosk) (car #2)

⑤ Lounge (ditto)

Kisakata Station, the final stop

Mototaki Freshwater in a splash of water, selected as one of the 100 Exquisite and Well-Conserved Waters of the Heisei period

Scenic spot; Kisakata

It looked like Matsushima, one of the Three Most Scenic Spots of Japan, Miyagi Prefecture, as a kind of archipelago, a lagoon with many small islands.  Notwithstanding, the lagoon was landed by uplift due to Kisakata Earthquake in 1804, of which the estimated maximum seismic intensity was 6 or 7 on the Japanese scale.  Then, it has become rice fields, while the former islands have left that shadow with pine trees.

The temple gate of Kanmanji Temple (the city’s designated tangible cultural heritage

There is the phrase monument of Basho Matsuo, a famous haiku poet, who is said to have visited herein, in the precinct

 

⑩ Sea of Japan at sunset (inbound)

 

Do you love “Railway Trip” Series?

I truly appreciate your following up this column as well as the articles with regard to NetJapan’s products.

 

Thank you again and have a nice trip in Japan!

Fe@NJ

『SLばんえつ物語』号への誘(いざな)い

English Version

Fe@NJ です。こんにちは。

1.ばんえつ西線さいせんの快速『SLばんえつ物語』号(新潟県 新津にいつ駅~福島県 会津若松駅)(以下、「ばんえつ物語」と略記)ですが、冬期運休が終了し、今年は3月31日に運行が再開され、秋まで、原則、土日に運行される予定です。

 

2.「ばんえつ物語」の特徴は以下のとおりです。

(1)日本国内の蒸気機関車(SL)が牽引する「SL列車」の中で、最長の運転距離(片道約111km)を誇る。

 

(2)客車7両編成・全席指定席で、両端2箇所・中間の1箇所に展望室を備える。

編成は、会津若松方より

SL(会津若松行きの先頭)・・・往路の進行方向↑

1号車   展望車

2号車   普通車

3号車   普通車

4号車   展望車

5号車   売店・普通車

6号車   普通車

7号車   グリーン車・展望室

SL(新津行きの先頭)・・・復路の進行方向↓

 

(3)特にお勧め! 7号車はグリーン車で2+1のアブレスト。その展望室はグリーン車の乗客専用となっており、追加となるグリーン料金は、全区間乗車の場合、片道¥1,670とリーズナブルである。

 

3.時刻表は下記の通りです。

往路・・・新津1005 →会津若松1335

復路・・・会津若松1525 →新津1840

日帰りで全区間の往復だと時間がタイトですが、会津若松で「鶴ヶ城」(国の史跡)のみならば、タクシー利用にて、早足で見学出来そうです。

①『ばんえつ物語』

②グリーン車の展望室

③グリーン車の展望室より(往路)

往路は流れ去る景色を楽しめる。

④グリーン車の展望室より(往路)

⑤グリーン車の展望室より(復路)

復路は目の前のSLの動きが楽しめる。

⑥グリーン車

⑦売店

⑧駅弁、売店で購入

⑨途中、津川駅でのSLの整備風景

⑩SLのコックピット

 

【ご注意】

本稿における時刻表・列車の仕様、等の情報は本ブログの執筆時点(2018/3/26)のものです。今後、変更される可能性があります。

 

それではHave a nice trip!

Asking to “SL Ban-etsu Monogatari”

Japanese Version

Hi, this is Fe@NJ, who has passed Second Grade of Timetable Test in Japan.

 

  1. A rapid train, “SL Ban-etsu Monogatari“, (abbreviated as “Ban-etsu Monogatari”) serviced between Niitsu, Niigata Prefecture and Aidu-Wakamatsu, Fukushima Prefecture via Ban-etsu Sai Line, shall be resumed on March 31 this year, after the end of the suspension holidays in winter. It is scheduled to be operated on weekends, as a general rule, until fall.

 

  1. Features of this train

(1) It is proud of the longest run (approximately 111 km / 69 miles) for one way during the trains powered by steam locomotive (SL) in Japan.

 

(2) This 7-car train, of which all seats are reserved, has observation cars/rooms at both ends and at the middle.

 

The Car Layout is as follows:

SL(For Aidu-Wakamatsu, on this side)(Progress direction of outbound travel ↑)

Car no. 1: Observation Car

Car no. 2: Ordinary Car

Car no. 3: Ordinary Car

Car no. 4: Observation Car

Car no. 5: Kiosk and Ordinary Car

Car no. 6: Ordinary Car

Car no. 7: Green Car, extra charged (First Class, 2+1 abreast), with Observation Room for the green car passengers only

SL(For Niitsu, on this side)(Progress direction of inbound travel ↓)

 

(3) Green Car is especially recommended!  The additional green fee is reasonably priced at 1,670 yen for each way in all sections.

 

  1. Timetable

Outbound・・・Niitsu Lv 1005 → Aidu-Wakamatsu Ar 1335

Inbound・・・ Aidu-Wakamatsu Lv 1525 → Niitsu Ar 1840

Although it is tight to take a day and round trip in all sections, you could visit at Tsurugajo Castle (national historic site) in Aidu-Wakamatsu, as a quick sightseeing by taxi.

①Ban-etsu Monogatari

②Green Car with Observation Room

③View from Observation Room of Green Car (outbound)

You can enjoy the scenery going away on the outbound route.

④ditto

⑤View from Observation Room of Green Car (inbound)

Enjoy SL’s movement just in front of you on return.

⑥Green Car

⑦Kiosk

⑧The box lunch is available at Kiosk.

⑨Maintenance scenery of SL at Tsugawa station

⑩Cockpit of SL

 

【Remarks】

The information herein, such as timetable, specification of the train and so on, are current as of March 26, 2018.  They may be modified.

 

Thank you and have a nice trip in Japan!

電車でスキーに連れてって♪

English Version

Fe@NJです。こんにちは。

ウインタースポーツはシーズン真っ只中ですね!

スキー・スノボというと、現地までの交通手段は「クルマ」とか「ゲレンデ直行バス」が一般的かも知れませんが、今回は、鉄道ファンの私より

電車でスキー・スノボ(+温泉・ポケモン)

の提案として、首都圏から片道3時間台で行けるスノーリゾートとして

万座温泉スキー場」「鹿沢スノーエリア
を紹介したいと思います。

いずれも、ハイシーズンは雪質最高、アフタースキーは温泉も楽しめます。また、規模としては中~小クラスですが、空いています(交通が多少不便だから?)。

1.電車で行くメリットは、
(1)楽、座席はバスより広い、シートベルト無し。
(2)速い、時間が正確、渋滞無し。
(3)車中、ポケモンで遊べる。

2.電車で行くデメリットは、
(1)乗り換えが大変!
(2)荷物の運搬が面倒!
(3)最寄り駅からリゾート地までの交通手段を別途確保しなければならない。

3.各スノーリゾートの最寄り駅は、JR東日本の万座・鹿沢口」(まんざ・かざわぐち)駅です(以前、別のトピックでも登場しました)。

上野からJR東日本の特急草津1号へ乗車。(10:00発)

①ルートマップ

②特急草津

③特急草津のグリーン車

終着駅の「長野原草津口」(ながのはらくさつぐち)駅で、下り普通列車に乗り換えます。

乗り換えは、同一ホーム同士ですので楽です。(12:18着⇒12:24発)

4駅目、万座・鹿沢口駅で下車します。(12:42着)

同駅のホームは築堤上にあり、地上交通機関(バス、タクシー等)への乗り換えのため、階段を下ります。

ポケモンのジムがあります。

なお、電車・バスの運行スケジュールは最新の時刻表で確認してください。

 

「万座温泉スキー場」

西武グループの路線バスへ。(13:01発)

万座バスターミナルへの到着(13:44着)に合わせ、各宿泊施設のマイクロバスが迎えに来ます。

各宿泊施設~「万座温泉スキー場」間はシャトルバスが運行されています。

④シャトルバス停

本日は移動日ということで、着後、足慣らしに2~3時間滑るのも良し、あるいは、割り切って、早めに雲表の露天風呂を楽しむのも良し・・・だと思います。

特長

(1)雪質最高! トップの標高約2,000mを誇る。

(2)メインのゲレンデは、万座プリンスホテルと直結。華やかさを感じる。

⑤メインゲレンデのトップ

(3)サブのゲレンデ(万座山リフト沿い、中級)は穴場。

(4)広大な景色! 快晴ならば、浅間山の先に富士山も見える。

⑥県境の看板

⑦ズームアップすると、浅間山の向こうに富士山が!

⑧林間コース

メモ

○本稿の執筆時点で、万座・鹿沢口駅~万座バスターミナル間の定期便は、一日4往復のみです。

○どうしても午後イチから滑りたい場合は、北陸新幹線・軽井沢駅発09:35のバスを利用すると、万座バスターミナルに11:19に着きます。

 

「鹿沢スノーエリア」

もう一つの選択肢として、万座・鹿沢口駅から、新鹿沢温泉・鹿沢スノーエリアへ。

こちらのほう、同駅~宿泊施設・スキー場を結ぶ路線バスはありません。

宿泊予約の際、万座・鹿沢口駅の送迎付きプランを依頼するか、または同駅からのタクシーを予約しておくことになります(所要約25分)。

 

特長

(1)雪質は良好。トップの標高は約1,800mだ。

(2)メインのゲレンデ(ハイランドエリア)は、どちらかというと硬派向け。選手クラスの高速スキーヤーが多い。

晴天が続くと、上部はアイスバーンになりやすく、手強い。

2018年は、全国高等学校スキー大会東京都予選会、東京都高等学校春季スキー大会が開催される。

11月下旬からゴールデンウィークまで滑れる。

⑨ハイランドエリアのベース

(3)サブのゲレンデ(カマンエリア、ハイシーズンの土日祝日のみ営業)は混雑知らずで、家族連れやカップルが多い。

⑩カマンエリアのトップ

なお、私は、シーズン中、お気に入りのスノーリゾートの定宿に用具一式を預ってもらい、電車で、かつ少ない荷物で、行き来する方法も採用しています。

それではHave a nice skiing/riding!

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.