RUN LIFE -健康&美ジョガーブログ

下町観光ラン

新緑が目に優しいこの季節。日影は爽やかな風が吹いて気持ちが良いのでゆっくりペースで楽しめる街ランにでかけました。

コース:
両国~浅草寺~人形町大観音寺~両国国技館~両国 (約10キロの下町観光ラン)

3月にオープンした「両国テラス」は、豊かな自然にあふれた「旧安田庭園」のすぐ隣にあります。ランナーズステーションとして利用できる「RUN CUBE」とスポーツ栄養学に基づくバランス健康食を提供する「鹿屋アスリート食堂」や、「両国テラスカフェ」が併設された複合施設です。11時過ぎには、カフェの前には入店待ちの列ができていました。カフェは緑に囲まれて雰囲気が凄く素敵でした。
どちらかというとランナー以外の方にとっては、RUN CUBEがおまけ的な存在ですね。RUN CUBEの利用料は700円とHPありましたが、500円でバスタオルも貸してくれましたよ。

さてさて、仲間と合流して、隅田川テラス経由のスカイツリーを目指して街ランスタートです。ランニング仲間って不思議なもので、まだ良く知らない仲でも直ぐに意気投合できるんですよね。わいわい、がやがや楽しく走って、あっという間にスカイツリーに到着です。スカイツリーは5.22で3周年ですって!下からみるスカイツリーはズドーンと大きくて迫力がありました。スカイツリーのすぐ脇に水陸両用バスのスカイダック乗り場があって、乗客が乗り込んでいました。東京スカイツリーコースというのがあるそうです。中川からスプラッシュするそうですよ。入水時が一番楽しそう!

スカイツリーから浅草寺までも思ったほど距離はありません。普段、帰宅ランで浅草寺あたりは通っているのですが、昼間の観光バスとツーリストの多さに圧倒されてしまいました。お祭り状態です。ということで仲見世は遠慮して、ストリート屋台などのディープな浅草を横目に人形町へ抜けます。

人形町では、大観音寺(おおかんのんじ)に行きました。足の神様=韋駄天を祀っているそうで、「これは是非あやかりたい」と拝ませていただきました。この後、柳屋さんのたい焼きで腹ごしらえ(皮が薄くて美味しい!)をして両国方面に戻ります。国技館前は、夏場所千秋楽の前日(前楽)たのめか、力士の入り待ちするファンの方々であふれていました。

あっという間の笑いの絶えない東京観光めぐりラン。両国テラスに戻ってきたら、まだまだ並んでいます。
という訳で、鹿屋アスリート食堂は諦めました。定食メニューは、選べる3つの主菜、汁物、ご飯で構成する「一汁一飯三主菜」を頂く予定でした。あー胃袋も満足させたかったぁ。近いうちにまた行きます。

ちなみに「RUN CUBU」は神田錦町にもあります。ネットジャパンからも遠くないので、仕事終わりにこちらの施設も利用できそうです。
5.28には品川にもオープンだそうですよ。

  

久しぶりの皇居は・・・

朝晩ぐっと涼しくなり、朝までぐっすり眠れる日が増えましたよね。代わりに家を出るとき羽織るものを忘れて、空気の冷たさにハッと引き返すこともあります。

さて、ランニングの方ですが、夏の間お休みしていたので、カラダはずっしり重くなり、走る気持ちも遠のいていましたが、洋服のサイズが変わりそうで焦って少しずつランニングを再開しています。

そんな折、先日友達にお月見ランに誘われ、皇居を走ってきました。
今年を逃すと、中秋の月で満月と重なるのが8年後だとか。
こんな話を聞いたら月のパワーをいただかなくては!と張り切って半蔵門へ向かいました。久しぶりの皇居はいつも通りたくさんのランナーで賑わっていました。友達の話によると、午後8時13分が丁度満月の瞬間ということでしたので、iPhone片手に時間を気にしながら、満月の瞬間の写真を撮ったりとわいわい楽しかったです。夜空が澄み渡っていて満月がとても綺麗でした。
満月

 

» 続きを詳しく読む

初チャレンジ100

久しぶりの更新となってしまいました。
そして、先日、人生初100キロマラソン(柴又100K)にチャレンジしてきました!

5月の練習量からして出走は無理だと判断し、DNS(Did Not Start)を決めていましたが、偶然会社で、100キロより長い距離をチャレンジした方の話を聞いて、すごーく刺激され、「やっぱりはじめから諦めるのは性に合わないな」と1週間前に出走することにしました。そこからの準備がもう大変!仕事が終わると御徒町のアートスポーツに足を運び、スタッフさんに色々質問して、SPF50のウェアやサプリやヘッドライト等色々買いこみ、足りないものは翌日買いたしに行ったり。土壇場で走っても仕方ないので、アイテムでいかに快適にどこまで進めるかを想像して準備しました。
» 続きを詳しく読む

さくら咲く板橋マラソン

週末は都内のさくらが満開でしたので、お花見に行かれた方も多いのではないでしょうか。社内でも上野恩賜公園、千鳥ヶ淵緑道へと足を運んだ方のお話を聞きましたよ。

私はお花見ランを兼ねて、板橋CITYマラソンを走ってきました。荒川河川敷を赤羽から河口へ向かって南下し、江戸川の平井大橋先で折り返してくるという単純なコースですが、途中綺麗なさくらを見ることができました。数日前までの天気予報が曇りのち雨で降水確率が50%、気温も低めだったので、ウェア選びに悩みましたが、当日は曇りで風も少なく、走るには丁度よいお天気となりました。

初めて参加したのですがマンモス大会ですね。会場はもの凄い人・人・人でスタート10分前にも関わらず、荷物預け待ちやらトイレ待ち等の長蛇の列が幾つもあって、スタート時間に間に合わなかったランナーもいるのではないかと思います。

スタートしてから25キロぐらいまでは決めていたペースを守って順調に走れました。途中、工事箇所があり、往復で未舗装箇所(砂利道)を計6回通りました。この砂埃がひどく、シューズのソールが薄いので足裏が痛くないよう着地に気を使い、息は苦しいわ、脚は痛いわで結構疲れました。

30キロ過ぎると「シャーベットエイド」があり、(すっかりシャーベットを忘れてた!)これだけ走ってくるとスピードが遅くてもかなり気が滅入るので、あまりに嬉しく、初めのテーブルのシャーベットにガッツきました。白かったのでレモン♪だと思ったらバニラでした。しかも先のテーブルにはオレンジとリンゴがあって、さっぱりしたかったので少し残念でしたが、バニラも美味しく気分転換になりました。中には3個食べた!という友達もいましたよ。

残りの2キロは全身が疲れている中でも足は動いたので、ランナーをごぼう抜き(笑)。応援に来てくれた仲間や一緒に走っている仲間に元気をもらいながらゴールできました。6月に長い距離のレースをエントリしたので、板橋マラソンは良い練習になったと思います。今年は、「Smile Run」を掲げて楽しく走ってきましたが、はっきり言って、苦しいスピード練習からの逃げ口上に過ぎず、適度なスピード練習はしないと身体が錆びてしまう、ということが分かりました。ただ走るのではなく、やはりポイント練習をきちんとしての「Smile Run」を目指さないと意味が無いなぁ、というのが今回の実感です。


 

第32回フロストバイトロードレース

年初めに走ってきました、第32回フロストバイトロードレース。
今年も寝坊せず起きることができ、先ずは第一関門突破です(去年の様子はこちらからどうぞ)。1週間前の天気予報では雨&雪マークでテンションは下がり、年末年始もきちんと走れていなかったので、行こうか悩みましたが、風もなく穏やかな1日になりそうだったので、とりあえず基地へ向かいました。

そう、お正月に友達と決めたんですが、余りに苦しかったり、痛みに耐えたりするのはココロとカラダに良くないよね、ということで、今年は「Smile Run!」を目指すことにしました。という訳で、この日は3人でファンランです。フロストバイトは5キロ、2キロ親子レース、ハーフのカテゴリがあり、私たちが基地に入ると5キロのトップ選手がゴールに戻ってくるところでした。友達を探しながら応援していると、メイド服に身をまとった別の仲間が戻ってきて大爆笑。パフェをのせたトレーも持っていてひときわ目立ってました。その脇に本来応援する予定の友達がいて、仮装した彼の姿が衝撃的すぎて、友達の方に気が付きませんでした。

そうこうしている内に、ハーフのスタート時間が迫り、長蛇のトイレ待ち中に号砲が鳴ってしまいました。私たちも急いでスタートしましたが、道幅が狭くペースも遅いので走りづらかったです。途中、テンション高い応援やハイタッチを受けながら進むと、折り返してくるトップランナーが見えてワクワクしました。その後は次々仲間が折り返してきて元気がでました。途中でオレンジも頬張って、残り4キロでペースをあげていき各々に元気にゴール☆。最後にスピードをあげて走りきるのって気持ちよくってとっても清々しいです!

荷物を置いているシートに戻ると、5キロに出走した友達がハンバーガーを片手に戻ってきました。私たちがハーフを走っている間中、バーガー屋さんに並んでいたそうです。2時間ですよ、ハンバーガーに!大事なハンバーガーのおすそ分けを頂き、一同感謝感激。パテは炭火焼きの香りがして何処のバーガーよりも有難く、とてもおいしかったです。参加賞のトレーナーは紺色で、フツーに着れそうな色で良かったです。

帰りは立川に移動して銭湯でさっぱりした後、打ち上げに行きました。「いか天国」というお店なのに、イカいませんでした(笑)。海が荒れてて漁に出れなかったそうです。でも他の魚がとても美味しくってこのお店はおススメです。


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.