社員ブログ

わぁるど 2018北陸&金沢女一人旅

毎年盛大に行われるダイワボウ情報システム株式会社様主催の「DISわぁるど in 北陸 かなざわ」に今回も参加させていただきました。

2日間に亘り行われるDISわぁるどは、毎回広い会場で多くの出展社だけでなく地元の企業や、またケータリングとして地元のB級グルメも出展され、ちょっとしたお祭り気分を味わうことができます。

今回ネットジャパンは、セキュリティ部門に参加させていただきました。

  

 

バックアップソフトは今や企業が管理している顧客データなどの情報がウィルスによって流出するのを最終的に防ぐツールとして注目されています。

ネットジャパンも ActiveImage Protectorで、日々のバックアップを行っていただき、いざウィルスにデータが犯されても、バックアップしている犯される前のデータを持ってくることにより、被害を最小限に防げると展示会では紹介しました。

でも、今回の展示会はバックアップの ActiveImage Protector より、簡単にキッティング作業ができる ActiveImage Deploy USB のほうが注目されました。

Windowsのアップデートに伴いPCの入れ替えをされる企業、機関、学校などが増えています。そんな時、こんな問題を抱えている会社やインテグレータが多いこと・・

・某キッティングソフトの高騰・・、予算が・・

・作業スペースが無い。借りるのにもお金が・・

・ネットワークなどの配線作業に時間も人手もかかる。

・クローニングの設定など、技術者の確保が難しい。人件費も・・

ひとつでも当てはまる問題があれば、ActiveImage Deploy USB は全てを解決しますという話をすると最初は疑いの目で見られましたが(笑)、USBを使用してのキッティング作業について説明をするとすぐ興味の目に変わります。

そして、簡単なデモを披露したらその作業スピードとクローニングの簡単さに驚かれ、もっと詳しく話を聞きたいと多くの来場者がネットジャパンのブースに長居してくれました。

今回はネットジャパンの営業員2人と“おまけ”のスタッフ、合計3人で参加しましたが、説明員が足りないくらい・・。

嬉しい叫びです。

 

1日目も、2日目も ActiveImage Deploy USB が大盛況で終わりました。

もう少し、 ActiveImage Protector の説明もしたかったなぁ・・というのも正直なところです。

また次回の展示会やDISわぁるどでも、この ActiveImage Deploy USB 旋風が巻き起こるのが目に見えますね。

 

さて、今回のDISわぁるど in 北陸は金沢で水曜、木曜と行われました。

歴史と食の都です。さっさと東京に戻るのはもったいない。ということで金曜は有休を取って女一人旅をしました。

当日最高気温35度の中、日傘、帽子、飲み物持って、いざ出陣!
ホテルを出た瞬間から、もう惨敗です。暑さには勝てません。

でも前の晩に立てた計画通り、行きたい場所に行くため気合い入れ直し、再度出陣。

1.東山ひがし茶屋街

ここでは、茶屋街を散策し、かき氷を食べる計画。
無事計画完了!

2.兼六園と金沢城
何度か来たことがあるのでサクッと散策

3.石川県立美術館と金沢21世紀美術館
7月22日で終わってしまう「若冲と光瑤」展を見て、21世紀美術館ではあの有名なプールを見る。
計画完了!

4.長町武家屋敷跡
どの県にもある武家屋敷とあまり変わりませんでしたが、武士の気分を楽しめました。

5.利家とまつ ゆかりの地、尾山神社へ
大河ドラマの中でも5本の指に入るくらい好きだった「利家とまつ」、銅像を拝んできました(笑)

6.近江町市場
海鮮丼食べるぞ!!

7.金箔ソフト
金沢駅の喫茶店が1番安く、涼しくて、雰囲気良かったです。

 

計画した7つ、全てミッションコンプリート( ‘ v ‘)ق”

暑くて、汗が尋常ではないほど流れ出て、かなり外を歩いてペットボトル3本飲みながらの観光でしたが、倒れずにすみました。大いに楽しめましたが、猛暑の中の観光は二度としたくないなぁ

熱いぞ暑いぞ! デス ヴァレー国立公園(アメリカ)

English Version

こんにちは、Fe@NJです。

今回は、カジノで有名な ラス ヴェガス(Las Vegas)から、デス ヴァレー国立公園(Death Valley National Park)往復の、熱い暑い日帰りのバスツアーを紹介します。

 

夏季、デス ヴァレー の平均気温は38度C(100度F)、しばしば48度C(120度F)を越えます。当然ながら、ツアーでは、紫外線や日焼けにも十分な注意が必要です。観光のベストシーズンは冬かも知れません。

 

①早朝、ラス ヴェガス のホテルを小型バスで出発。

積み込んだ飲料水のボトルの割り当ては一人約4リットル(1ガロン)!

 

②③デス ヴァレー国立公園の入口まで、片道約3時間。

  

④⑤隆起によって生じた地形・・・異様な風景だ。

  

 

バッドウォーター ベイスン(Badwater Basin)

「北米大陸で、最も熱く、最も乾燥した、最も低い地」(the Hottest, Driest, and Lowest Land in North America)と言われる。

海抜はマイナス85.6メートル。

大昔の海が干上がったため、大量の塩(地表の白いもの)が残存している。

 

⑦穴に塩水が滲み出て溜まっている。しょっぱい。

 

⑧地球にも未だにこんな場所があるとは。

 

⑨植物にとっても過酷な環境だ。

 

⑩異次元体験を終え、不夜城のラス ヴェガス に戻ったのは暗くなってから。

静寂で、何も無かった デス ヴァレー がやけに懐かしく感じた。

冬に、ラス ヴェガス、デス バレー国立公園への旅のプランを立ててみたらいかがでしょうか?

次回もお楽しみに♪

The hottest land : Death Valley National Park(U.S.A.)

Japanese Version

Hi, this is Fe@NJ, who has passed Second Grade of Timetable Test in Japan.

 

This time I introduce a one-day bus tour from Las Vegas, famous for casinos, to and from the extremely hot’n hot Death Valley National Park.

In summer months, the average temperature of Death Valley is 100°F (38°C), and frequently exceeds 120°F (48°C).  Of course, on the tour it is necessary to pay high attention to ultraviolet rays and sunburn.  The best season of sightseeing might be winter.

 

①Early in the morning, I departed from the hotel of Las Vegas by a small bus.
The allocation for the bottled drinking water, loaded therein, was one gallon (about four liters) per person!

 

②③It takes approximately three hours to reach the entrance of Death Valley National Park.

 

 

④⑤The terrain caused by the uplift is a strange landscape.

  

 

Badwater Basin

It is said as “The Hottest, Driest, and Lowest Land in North America”, 282 feet (85.6 meters) below sea level.

A large amount of salt, which is white on the surface of the earth, remains since the sea of ancient times dried up

 

⑦Salt water seeped out in the hole and it accumulated.

Salty!

 

⑧It is amazing that there is such a place still on our earth.

 

⑨It is a very harsh environment for plants.

 

⑩I finished a different dimension experience, then, I came back to Las Vegas, the all-night entertainment city, after dark.
I really felt nostalgic for noiseless Death Valley which had nothing.

Why do not you try planning a spirit in Las Vegas and Death Valley National Park in Winter♪

 

Thank you and see you next time!

ツーリング その5.

ここのところ、暑い日が続いてバイクでの旅はちょっときついところです。
最近は、一泊二日でツーリングをすることがよくありまして、今回も山形鳥海山まで行きました。

朝6時前に出発をして、まずは東北自動車道を目指して、国道20号から環八そして東京外環自動車道を走りました。
東北自動車道に入り矢板北PA、安積PAそして蔵王PAで休憩と水補給を取り山形北ICで降り、最初の目的地の山寺(立石寺)に11時頃に到着しました。

バイクを有料駐車場に止めて、根本中堂から宝物館(入館料200円)と行き入場口で300円を支払って山道を登って奥の院へと行きました。

<立石寺 仁王門>

でも、かなりの部分の道が木陰になっていると言っても、この季節はちょっときついですね。
予め用意しておいた500mlのペットボトル二本分が氷を敷き詰めたマグボトルに継ぎ足しても、帰りの道半ばで無くなってしまいました。

<立石寺 開山堂(右)と納経堂(左)>

春とか秋の季節は良いかもしれませんが、紅葉などで人も多そうです。
もと来た道を戻り再び山形北ICから酒田方面へと走り、山形自動車道の西側の終点の月山で降り、そのままバイパスの山花笠ラインは通らずに、国道112号六十里越街道を進みました。
月山志津線に入って月山スキー場近くまで行きました。
このスキー場は七月の今も営業中で夕方四時過ぎでしたのでスキー道具一式を担いだ人が駐車場に戻るのを沢山見かけました。

<月山>

リフトの営業時間も終わりに近かったので、月山山頂にある月山神社への参拝どころか遥拝場へ行く事も諦めて駐車場に戻り、宿泊先の酒田を目指して山を降りました。

<七ツ滝>

途中七ツ滝が見える尾根の駐車場で少し休憩をとり、再び山形自動車道の湯殿山ICに入ろうとしたら、バイパスとの交差点で左折するところを右折してしまい、次の庄内あさひICから日本海東北自動車道を経由して酒田に向かいました。
しかし、この国道112号六十里越街道は結構軽自動車同士の離合も難しそうな狭い道の部分があり、一度使ったからもういいかなと思うほどでした。

酒田のビジネスホテルで一泊した次の日、今回の旅の目的地である出羽の一宮の大物忌神社の里宮である繭岡と吹浦を目指して走りました。
繭岡の神社は、意外と大きく拝殿と本殿が一体になっているような感じで、拝殿に入るのもおっかなびっくりでした。

<繭岡大物忌神社>

次に吹浦へと行きましたが、途中十五羅漢岩という海岸にある岩肌に観音様の彫刻を暫し眺めました。

<十五羅漢岩:一部>

鳥海ブルーラインと吹浦の大物忌神社への分岐がわかり辛くてちょっと鳥海ブルーラインを進みすぎてしまいました。
吹浦の大物忌神社の本殿は岡の上にあって階段を結構上りましたが、雨も降ってきてちょっと憂鬱になりました。

本殿は岡の上にある拝殿よりも一段上の場所にあり、囲い塀であまり見えなかったのでちょっと残念でした。

<吹浦大物忌神社>

ここからちょっと戻って十五羅漢岩がある国道345号に戻り国道7号に入って松尾芭蕉の「奥の細道」の干満珠寺である蚶満寺と九十九島に行こうかと考えましたが、すでに12時に近かったので諦めて鳥海ブルーライン(県道131号と210号)を鳥海山を登りながら南下しました。最高所の鉾立展望台付近では気温が19度と肌寒かったですが、景色は抜群でした。

<鳥海山鉾立展望台付近>

また、鳥海ブルーラインは片側一車線ですがバイクで走るのも楽しく、また来てみたいと思いました。
鳥海ブルーラインを降りて国道7号沿いにある道の駅の鳥海で休憩がてら帰り道を考えた時、すでに14時を過ぎていたので山形蔵王ICを経由して白石に抜けるのも時間的に無理だなと思い、地図を広げてみたら実家が檀家になっているお寺と同じ宗派の曹洞宗の古刹である善寶寺というお寺があったので、そちらに行って見ました。
五重の塔とか幾つかあるお堂の仏像が見ごたえがあって、来てよかったです。

<善寶寺五重塔>

<善寶寺山門>

山形自動車道の鶴岡ICから一路東京を目指して走ったのですが、東北自動車道の那須付近から雨があったようで路面が濡れており宇都宮付近では右前方が雷でビカビカと光っていて急ぐと雨の中を走りそうだったので、大谷PAでしばらく時間をつぶす等してゆっくりと戻ったので自宅に着いたのが23時半過ぎでした。

小江戸川越旅行記

川越は東京の北西にあり、蔵造りと呼ばれる建築様式の古い土蔵や商家が立ち並ぶ町並みで知られています。東京から一時間以下で行けるので、休日の旅行にはお勧めです。

今回は電車での小旅行。単に観光的に見るだけでなく、歴史的にみても面白いと思います。

 

まずは、高くそびえる川越のシンボル「時の鐘」の歴史に触れてみましょう。

時の鐘は、寛永4年から11年(1627年から1634年)の間に川越城主 酒井忠勝(さかい ただかつ)が、城下多賀町(いまの幸町)に建てたものが最初と言われています。

現在の鐘楼は、明治26年(1893年)に起きた川越大火の翌年に再建されたものです。3層構造で、高さ約16メートル。現在、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)、蔵造りの町並みに鐘の音を響かせています。

次は、熊野神社です。開運・縁結びの神さまとされています。

その歴史は、天正18年(1590年/安土桃山時代)に、この川越熊野神社の道を挟んで反対側にある蓮馨寺の二世然誉文応僧正が紀州熊野より勧請したことに始まったそうです。

銭洗い弁財天があります。お金を洗って金運アップ!

神社の境内にあるむすひの庭の鳥居。奥に、八咫烏(やたがらす)様がおられます。

八咫烏は、中国や朝鮮の伝承で太陽の化身ともされ、一般的に三本足のカラスとして知られ、古くよりその姿絵が伝わっています。

熊野神社から歩いて6分、そこは川越の老舗菓子屋「亀屋」の五代目「山崎嘉七氏」の隠居所として大正14年に建てられた旧山崎家別邸。当時の和洋折衷建築。

設計は保岡勝也(やすおか かつや)、三菱の丸の内赤煉瓦オフィス街の設計を行った他、先駆的な住宅設計で知られます。

人ごみの多い蔵の街から少し外れたところにあるこの別邸は、川越の歴史を感じられる場所です。

入場料100円(団体料金80円にて入場、説明員付き)。施設見学料が安くて感心してしまいました。

玄関から広間に入ると左手には、大きなステンドグラスに向かって上る階段があります。

当時のお金持ちの贅沢な趣味が感じられます。

ステンドグラスは、旧山崎家別邸で最も象徴的な装飾で、高さ約2.1m、幅約76mの欄間付の上下窓に入っていて、泰山木とブルージェと呼ばれる鳥がデザインされています。

その庭園は当時としては新しい考え方で、実用性と観賞を考慮した設計になっているそうです。こちらも設計は保岡勝也。

近くの大正浪漫通りは、多くの観光客で賑わっていました。

機会があれば、皆さんも是非川越に行ってみてはいかがでしょうか?

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.