2019年 4月

ブラッコム氷河 大滑降(ウィスラー リゾート、カナダ)

English Version

こんにちは、Fe@NJです。
「人生を豊かにする海外旅行」の特別版として、ウィスラー リゾート(Whistler Resort)のブラッコム氷河(Blackcomb Glacier)をスキーで滑降した体験記をお送りします。

ウィスラー リゾート は、カナダ西部の主要都市、バンクーバーの北、約130kmにあり、2010年の冬季オリンピックの競技会場として、一躍有名になりました。
昨年に続き、今年も二月に行ってきました。

①早朝、ガイドさんと麓(Whistler Village)(標高675m/2,215ft)で待ち合わせ後、ブラッコム山(Blackcomb Mountain)中腹の中級コース( More Difficult)で足慣らし。

②リフトを乗り継ぎブラッコム山(標高2,440m/8,000ft)の頂上直下の肩部・ここぞブラッコム氷河の入り口(Blackcomb Glacier Entrance)へ。ここから氷河へは崖なので、氷河上部の斜面の足跡に沿って、捲きながら歩き、約100m進む。右下に氷河が続く。

気温は、-15C/5F度くらいで、最高のパウダースノー!

捲きルートから肩を振り返る。
右下に氷河が続く。

「Route」と表示したところが「ブラッコム氷河の入り口」)。ここから手前に歩いて来た。

③氷河への斜度が緩くなったところで(それでも40度くらい)、スキーを着装し、意を決してスタート。私には、直滑降やパラレルでの滑降は無理。慎重に低速の斜滑降で進む。
幸運にも、ルート上、アイスバーンや大きなコブは無かった。

④凸凹のある深雪の超急斜面なので、もし転んだら制動不能だと思う。

ゲレンデ マップによれば、ここは、
中級コース( More Difficult)

上級コース(◆ Most Difficult)
とのことだが・・・
緊張の連続!
高山で空気が薄く、息が荒くなる!

⑤小さなモレーン(氷河段丘)の上で、シュテム ターンを行ない、反対側に斜滑降する。この方法を数回繰り返す。

⑥氷河の中程にある名所の氷穴(ice cave)を見学した。

⑦氷河の蒼白色が、妖しい雰囲気を醸し出す。

⑧ガイドさんによれば、氷穴は、新雪の重みで、数週間以内に突然崩落するかもとのこと。

⑨氷河が山岳を侵蝕した地形はボウル(椀)と呼ばれる通り、最上部は急斜面だが、中~下部に行くにつれ、徐々に緩くなる。グレイシャー ロード(Glacier Road)(中級コース、 More Difficult)に入ると、圧雪がされており、ホッとする。

⑩「ブラッコム氷河の入り口」~「麓」は約11km(6マイル)のロングラン。
急斜面のスリルと、素晴らしい非日常体験と雄大な景色に満足した半日だった。

標高差は約1,600m(1マイル)にて、我が国の長野県 上高地と、そこから見える穂高岳の頂上までの間の高低差に相当する。

私(自称スキー2級)自身の、今回の「チェック リスト」

事前準備
□ここに来る前に、未圧雪の急斜面にて、斜滑降・シュテム ターンの練習
□体力・持久力を培うこと
□十分な防寒対策
□ヘルメット、防曇ゴーグル、プロテクター
□傷害保険加入

当日は
□体調が良いこと(時差ボケ解消後)
□天候・視界が良いこと(ホワイト アウトだと危険)

⑪ウィスラー リゾート は別世界。来年のウィスラー行きが待ち遠しくなる。

ブラッコム山の上部に通じる4人乗り高速リフト「セヴンス ヘヴン エクスプレス」(7th Heaven Express)
終点(標高2,284m/7,494ft)からの雄大な眺望!

リフトに沿って、広大なグリーン ライン(Green Line)(初級コース、 Easiest)がある。

⑫《番外!》ポケモン トレーナーの皆様へ。
当地の「リトル ウィスラー」(Little Whistler)をゴールド ジムにして来ました!
私にとって、海外初の金ジムですよ!


皆様も、ウィスラーでお過ごしのプランを立ててみたらいかがでしょうか?
またお会いしましょう♪

五月の ウィスラー リゾート(カナダ) 第1弾
ウィスラーでスキー!(カナダ) 第2弾

Large Downhill at Blackcomb Glacier(Whistler Resort、Canada)

Japanese Version

Hi, this is Fe@NJ, who has passed Second Grade of Timetable Test in Japan.
It is the special edition of “The Overseas Travel Enriching our Life” series, my adventure of skiing down at Blackcomb Glacier, Whistler Resort.
The resort is located approximately 80 miles/130 km north of Vancouver, a major city in western Canada, has become famous as a venue for the 2010 Winter Olympic Games.

Following last year, we went there in February this year.

(1) In the early morning, I met with the mountain guide at base (Whistler Village) (altitude: 2,215ft/675m), and was trained in the intermediate runs ( More Difficult) in the middle of Blackcomb Mountain.

(2) We hiked up by the chairs to the shoulder, just below the summit of Blackcomb Mountain (altitude: 8,000ft/2,440m), and then we reached Blackcomb Glacier Entrance. As it is a cliff from here to the glacier, we traversed along the footsteps on the slope of the upper edge of glacier, and travelled about 110yd. The glacier follows the lower right of the image.

The temperature is around 5°F/-15°C, which means the great powder snow therein!

Look over the shoulder from the traverse route. The glacier continues in the lower right direction.

The place labeled “Route” is Blackcomb Glacier Entrance, where we started to walk to here.

(3) Where the slope to the glacier became loose (still around forty degrees), I wore the equipment and decided to start. Since my skill was not enough to perform schuss boom or parallel turn, I carefully traversed down the slope at low speed.
Fortunately, there were neither frozen areas nor large bumps on the route.


(4) I think it would be impossible to control if fall, because it is an extremely steep slope of uneven deep snow.

According to the mountain atlas, it is an intermediate trail ( More Difficult) or an advanced trail (◆ Most Difficult), nevertheless, continuous tension for me!
Also, as it is the alpine area, the air is thin and my breathing becomes rough!

(5) I worked a stem turn on a small moraine (glacier terrace) and slide down to the other side. Thus, I repeated this method several times.

(6) We visited a prominent ice cave in the middle of the glacier.

(7) The glacier blue gives off a mysterious atmosphere.

(8) According to the guide, the ice cave may collapse suddenly within a few weeks due to the weight of new snow.

(9) Whereas the topographic feature eroded by glacier is called “bowl”, their tops are steep but gradually becoming more easier from the middle to the bottom. After entering Glacier Road(intermediate, More Difficult), I felt relieved that the snow had been groomed.

(10) It is a long run of about 6 mi/11km from Blackcomb Glacier Entrance to the base. I enjoyed the half-day with not only thrills on a steep slope, but also the wonderful extraordinary experiences and the spectacular scenery.

Today’s difference in elevation is about one mile/1,600m, which corresponds to the altitude difference between Kamikochi area and the summit of Mt. Hotaka (Hotaka-dake), seen from there, Nagano Prefecture, Japan.

The following is the checklist of myself, Lever 4 (maybe), for the glacier downhill:
Preparation in advance
□ practice traverse down and stem turn on ungroomed and steep slope before the tour.
□ to cultivate physical strength and endurance
□ sufficient protection against cold
□ helmet, anti-fog goggle, protector
□ to take out accident insurance

On the day:
□ physical condition must be good; no jetlag left
□ weather and visibility must be good (dangerous if whiteout)

(11) Whistler Resort is another world. I’d be waiting for next year’s trip to Whistler again.

It is a magnificent view from the end point of 7th Heaven Express (altitude: 7,494ft/2,284m), a quad high-speed chair leading to the top area of Blackcomb Mountain.

You can find Green Line(beginner, Easiest) which is extremely wide along the chair.

(12)《EXTRA》To all Pokémon Trainers
I won the first overseas gold gym badge at Little Whistler during the stay.


Why do not you try planning a spirit in Whistler♪
Thank you and see you next time♪♪

Whistler Resort, Canada, in May(Part 1)

Ski in Whistler, Canada(Part 2)

セミナー便り 第四十二号<2019年5月のセミナーと ActiveImage Deploy USB よくある質問>

2019年春の日本橋は、4月7日まで桜イベント、桜グッズに桜をイメージしたお料理やお菓子と桜づくしです。江戸通りの桜並木は満開ですが、まだつぼみもあるので今週末まで楽しめそうです。
福徳の森はしだれ桜が満開を迎えています。NIHONBASHI SAKURA FESTIVAL 2019 の参加製品でもある“白百合醸造のさくらワイン”を知り合いにいただきました。
桜の花がワインの中に入っていてとっても可愛いです。味は甘くジュースのように飲めてしまうので危険です。さくらイベントの次は毎年大人気の第7回日本酒利き歩きが4月13日に開催されます。





 

5月のセミナーは、5月15日(水)ActiveImage Deploy USB、5月29日(水)ActiveImage Portector Virtual Edition のセミナーです。

ActiveImage Deploy USBですが、大量のPCの新規導入案件や、Windows 10 へのアップデート案件などでお問い合わせ殺到中です。
5月のセミナーからパソコンのキッティングを ActiveImage Deploy USB を利用して作業の効率化をはかるため、自動応答ファイルを使用したSysprepの実行デモもセミナー内容に含めました。
5月のセミナーの詳細内容とお申込みはこちらからご確認ください。

よくいただくお問い合わせ内容を以下にまとめてみましたので、参考にしてください。

Q1. ActiveImage Deploy USBとは
システムインテグレーターや VAR/OEM 向けに開発したUSB メモリだけでクローニングを行えるコンピューターのキッティングツールです。
ActiveImage Protector のエンジンを搭載したデプロイ用 USB メモリを作成し、簡単、高速、確実なキッティングを実現します。

Q2.ActiveImage Deploy USBとActiveImage Deploy USB Plusの違いは何ですか?
A.両製品共に1ライセンスで1回のクローニングが可能です。
更にActiveImage Deploy USB Plusは、クローニング後、障害時などに出荷時の状態に戻す事ができるよう、「復元用USBメモリ」の作成と利用権利が含まれています。

Q3.製品にUSBメモリは含まれていますか?
A.いいえ、含まれておりません。デプロイするマスターイメージの容量に適したUSBメモリを必要数ご用意ください。

Q4.USBメモリの必要容量の計算方法を教えてください
A. USBメモリには2つのパーティションを作成します。
1つ目はブート用で1.5GBを割り当てます。
2つ目はイメージの保存用で、残り容量を割り当てます。
イメージファイルのサイズは、圧縮して保存しますので元の容量の7割程度を想定してください。
Windows10 の場合はイメージが最低でも8GB程度はありますので、16GB以上のUSBメモリが必要です。推奨は32GB以上です。

Q5.インターネット環境がない場合でも利用可能ですか?
A.ライセンス管理にインターネットを使用するため、デプロイメントUSBメモリの作成、更新時にインターネット環境が必要です。作成したUSBメモリでクローニングをする際には不要です。

Q6.複数のイメージを1つのUSBメモリに入れることはできますか?
A.できません。例えば100台のクローニングを行う際に4パターンの構成がある場合には、それぞれ元となるイメージを作成して、クローニングする台数を設定したUSBメモリを作成してください。

Q7.クローニング用と復元用のUSBメモリは同じものを使えますか?
A.クローニング用と復元用は用途が異なるため、それぞれ作成する必要があります。

Q8.80台のコンピューターにクローニングする際に必要なライセンスは?
A.ActiveImage Deploy USBの場合、80台がクローニング対象のコンピューターの場合80ライセンス必要です。80台の内、1台に元となるOSやアプリケーションをインストールして、そのイメージを展開する場合は、79ライセンス必要です。
ActiveImage Deploy USB Plusの場合、80ライセンス必要です。

Q9. ActiveImage Deploy USBを実際に使用してみたい場合にはどのような方法がありますか?
A.ActiveImage Deploy USB for Desktopは、評価版でお試しいただけます。
無償の実践セミナーも開催しています。

Q10.年間サポートサービスの内容は?
A.初年度のサポートサービスはライセンス価格に含まれています。
内容は技術サポートサービスとアップデートです。アップデートは未使用のライセンスにのみ適用いただけます。翌年度以降のサポートサービスはライセンス購入時にのみ一括でご購入いただけます。
特に、ActiveImage Deploy USB Plusをご購入いただくお客様で複数年サポートが必要な場合には、ライセンス購入時に必ずご購入ください。サポートサービスのみの販売はおこなっておりません。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.