EMC RepliStor簡単活用法 第3回 VSSオプションの概要

今回は、RepliStorの主要な機能の1つであるVSSオプションについて解説していきます。

VSSオプションとは、スペシフィケーションで設定したフォルダのドライブでスナップショットを取得して、ある時点でのデータをバックアップする機能です。

Ver6.2.x、6.3.xではターゲット側のみスナップショットを取得できますが、Ver6.4.xではソース、ターゲット共にスナップショットを取得することができます。

バージョンによる違いを下図に示します。

RepliStor6.2.x/6.3.x

63-1

ターゲット上でのシャドウコピーの作成時のフロー

1. ソース側でRepliStor リクエスタがVSS シャドウコピーを要求

2. VSS がすべてのI/O を停止してフラッシュするように要求

3. それが完了すると、VSS がシステムプロバイダに対してシャドウコピーの作成を要求

4. この時点でソース、ターゲットのデータが同一であると判断し、ターゲット上でシャドウコピーを開始する

5. ターゲット上にシャドウコピーが作成される

RepliStor6.4.x

64-1

ソース、ターゲット上でのシャドウコピーの作成時のフロー

1. ソース側でRepliStor リクエスタがVSS シャドウコピーを要求

2. VSS がすべてのI/O を停止してフラッシュするように要求

3. それが完了すると、VSS がシステムプロバイダに対してシャドウコピーの作成を要求

4. この時点でソース、ターゲットのデータが同一であると判断し、ソース、ターゲットでシャドウコピーを開始する

5. ソース、ターゲット上にシャドウコピーが作成される

VSS Parameterの設定

スペシフィケーション作成時にVSS Parameterを設定します。
設定項目は、ソース、ターゲットのチェックとVSSプロバイダー及び世代数を設定していきます。

VSS Parameter

スナップショットの扱い

スナップショットを取得後は、コンソールツリーにカメラのアイコンが表示されるのでデータを戻す時には右クリックして操作していきます。

mount

下図はEドライブのスナップショットをCドライブ上のSnapshotフォルダにマウントしたところ

mount2

このようにスナップショットを取得する運用方法を行えば、ある時点の状態に戻すことができるようになります。ファイルサーバーの運用などでは、ユーザーが誤ってファイルを上書きしてしまい、元に戻したい状況が考えられます。そのようなときには任意のフォルダにマウントして特定のファイルだけを戻すといったような運用が可能です。

今回は、EMC RepliStorのVSSオプションについて解説してきました。第4回では簡易クラスタ構成が行えるフェイルオーバー機能についてご説明していきます。

第1回 EMC RepliStorの概要
第2回 EMC RepliStorインストールとスペシフィケーションの作成
第3回 VSSオ プションの概要
第4回 フェイ ルオーバー構成
第5回 パフォーマンスチューニング

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.