メキシコ「チワワ太平洋鉄道」の旅

こんにちは、Fe@NJです。
ご愛読いただきました「人生を豊かにする鉄道の旅」シリーズ全6話ですが、早いもので最終回となりました。

今回は、メキシコの北西部・太平洋に面する「ロス・モチス」(Los Mochis)から内陸部の「チワワ」(Chihuahua)まで、チワワ太平洋鉄道 Ferrocarril Chihuahua al Pacífico, Chepe )(以下「チワワ鉄道」と略)、全線約650kmの紀行をお届けします。

このたびは、チワワ鉄道の全線乗車のみならず、乗車前、基点のロス・モチスに前泊し、以降、途中駅のポサダとクリールでそれぞれ途中下車・連泊を入れ、終点チワワでも後泊するなど、鉄道のみならず、沿線の雄大な大自然もタップリ楽しむという欲張りな旅でした。

1日目 空路、ロス・モチスへ

成田→メキシコシティ(乗り継ぎ)→ロス・モチス・・・(泊)

太平洋路線は、日本・メキシコ間、唯一の直行便となる「アエロメヒコ航空」を利用しました。

①アエロメヒコ機(旅行時は「ボーイング767」だったが、今は最新鋭の「ボーイング787」)

 

#1_アエロメヒコ機

2日目 チワワ鉄道へ乗車

ロス・モチス駅(Los Mochis)→ポサダ駅(Posada)(途中下車)・・・(泊)

②1等車・2等車・食堂車の混結による長大編成。日本の国鉄時代の急行列車を彷彿させる。非電化につき、ディーゼル機関車が客車を牽引する。

#2_1等車・2等車・食堂車

(クリール駅にて撮影)

 

③標準軌で広い車内。国鉄時代の583系電車の如く天井が高い。

#3_標準軌で広い車内

④車窓の白眉。断崖沿いに谷を遡り、橋で反対側(岸)の断崖へ。

#4_車窓の白眉

⑤峡谷を挟んで登ってきたばかりのS字カーブの線路が見える。

 建設時の苦労が偲ばれる。

#5_S字カーブの線路

3日目 バランカ・デル・コブレ(銅渓谷)観光

⑥バランカ・デル・コブレ(Barranca del Cobre)だが、峡谷全体ではアメリカのグランド・キャニオンを上回る規模である。

#6_バランカ・デル・コブレ

⑦ジップラインに挑戦

ジップラインとは、谷を挟んで二つの山の間に張られたワイヤー・ロープを、滑車を使い、重力を利用して滑り降りる遊具だ。

谷底まで最深約一千メートルの高度感を楽しむ!

若かりし頃、槍ヶ岳や穂高岳の稜線で味わった高揚感が甦った!

#7_ジップライン

≪ジップライン≫の動画はこちら)

 

4日目 チワワ鉄道

ポサダ駅→ディヴィサデロ駅(Divisadero)(観光のため数十分停車)→クリール駅 (Creel) (途中下車)・・・(泊)

≪クリール駅を出発する列車≫の動画はこちら)

 

客車の屋根に乱立している、業務用エアコンの室外機たち! これぞメキシコ流か?

 

5日目 クリール観光

四輪バギーで行く渓谷ツアー

⑧カートを降り、断崖の上のテーブル状の岩を恐る恐る這って進み、谷底を覗く。

ジップラインより、正直、こちらのほうが怖かった!

#8-1_谷底を覗く

 

#8-2_谷底を覗く

⑨数十メートルの高さの奇岩群

#9_奇岩群

6日目 チワワ鉄道

クリール駅チワワ駅(Chihuahua)・・・(泊)

7日目 空路、チワワからティファナへ・・・(泊)

チワワといえば、あの可愛い室内犬を連想するが、滞在中、その姿を見ることは無かった。

ダウンタウンでチワワ屋さん(?)を見つけることも叶わなかった(笑)。

8日目 夜、帰国の途に

 

人生に彩りを添える鉄道の旅の記録はいかがでしたか?

ネットジャパン製品の記事とともに、拙稿をお読みいただき、心より感謝申し上げます。

See you again!

Fe@NJ


Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.