EMC RepliStor簡単活用法 第1回 EMC RepliStorの概要

第1回 EMC RepliStorの概要

今回は、簡単にリモートバックアップやクラスタを構成できるEMC RepliStorを紹介します。

EMC RepliStorで出来ること

  1. データ保護
  2. 災害復旧
  3. データ集配信

1) データ保護

1台のファイルサーバーを例にしてみましょう。通常の運用ならば日次バックアップを行い障害があればリカバリーを行います。
でも信頼性に欠けると思いませんか?

バックアップ取得後にユーザーがデータを保存し、その直後HDDがクラッシュしてデータを失ったらどうでしょうか?いくらバックアップがあってもユーザーが保存したデータは戻ってきません。

このような場合に対処すべく、この環境にEMC RepliStorを導入した場合、どのような運用が可能かをご説明します。

まず次の図を見てください。これはバックアップの時系列を表しています。

時系列

ご覧の通りRepliStorが導入されたサーバーでは障害によってデータを損失することがありません。

2) 災害復旧

EMC RepliStorでは簡易なクラスタリングも構成ができます。ですからリアルタイムミラーリングに加えフェイルオーバー機能を使うと、サーバーが完全にダウンしたとしても自動的にフェイルオーバーを行いクライアントの接続性を守ります。

failover

3)データ集配信

近年ではデータセンターなどに拠点のデータを集約して管理を簡略化する傾向にあり、サーバー統合やデータ統合などを行う上で効果を発揮します。
またある拠点のデータを複数の拠点に展開する場合などにも有効です。

集配信

今回は、簡単にEMC RepliStorの活用方法を紹介してきましたが、次回からはインストールから基本設定までを順に説明していきます。

第1回 EMC RepliStorの概要
第2回 EMC RepliStorインストールとスペシフィケーションの作成
第3回 VSSオ プションの概要
第4回 フェイ ルオーバー構成
第5回 パフォーマンスチューニング

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.