vmGuardian 3.0.20150812リリース

vmGuardian 3.0のマイナーバージョンアップ版 vmGuardian 3.0.20150812をリリースしました。
今回のリリースでも大事なアップデートがあります。

vSphere 6.0への対応
vSphere6.0リリースからずいぶんと遅れてしまいましたが、vSphere6.0へ対応しました。VMware vSphere上でエージェントレスバックアップを可能にするvmGuardianでは非常に大切なアップデートです。最新のvSphere6.0では、VMのマシンバージョンも新しい物がサポートされています。新しいマシンバージョンへの対応や、vmGuardian アプライアンス自体もホストへ展開されるVMのひとつとなりますので。その動作にホストのバージョン違いは大きな影響を与えます。ようやく対応する事ができました。

ImageCenter LEへの対応
以前からvmGuardianへイメージファイルのレプリケーション機能のリクエストをお客様から頂いていました。既にAIPではレプリケーション機能をサポートしており、vmGuardianでも対応は必要と考えていました。また、同時にAIPとそれ以外の製品を組み合わせてご使用になられるお客様には日々、増えていくイメージファイルの管理と製品個別に災害対策を行う煩わしさがありました。
それにも増して、vmGuardianでは複数VMをひとつのイメージファイルへまとめる事ができ、まとめる事で重複排除機能をフル活用できる仕組みがあります。AIPとは違うイメージファイルの扱い方をしなければいけない難しさもあります。
そこで、イメージファイルのレプリケーション、統合(コンソリデーション)を行うImageCeter LEがリリースされました。これによって、レプリケーション機能が無かったvmGuardianのイメージファイルもバックアップのサブとして、災害対策としての遠隔地保存としてレプリケーション機能をお使いいただけるようになりました。ただし、他製品とのイメージファイルフォーマットの違いを吸収する必要があり、今回のvmGuardian3.0.20150812より対応となりました。

ImageCenter LEの詳細は弊社HPの ImageCenter LEリソースより 活用ガイドをご参照ください。

vmGuardian3.0.20150812のその他のアップデート内容、注意事項などは弊社HPのvmGuardian3.0技術資料にて確認ください。


Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.