速報! まったく新しいシステム保護の形、vStandby 発売開始!

年が明けて早くも春を迎えるのですが、時間の流れは速いですね~ 最近何時もそんな事を言っておりますが、遂に全国1億2697万人の皆様大変お待たせ致しました、「vStandby 5(読み:ブイスタンバイ 5)」を発売致しました。

vStandbyとは、

バックアップでもなく、HAでもFTでもないまったく新しいサーバの保護ソリューション

なのです。

その実態は・・・・・vStandbyです。

 

弊社の開発、発売しているActiveImage Protectorも非常に高速にバックアップとリストアを行う事が可能ですが、全国1億2697万人のお客様から「もっと!、もっと!」「早く、早く」とシステムの復旧のご要望を頂きまして、満を持してリリース致しました。

そう、新しいカテゴリー「貴方のシステム保護=vStandby」なのです。

よく「でもお高いんでしょ?」と言われますが、そんな事はありません。

例えば

サーバ1台を保護したい場合、普通FT、HAだと数百万かかると言われていますが、vStandbyはまずソフトウェアが98,000円~でございます。

そして、必要なハードウェアですが、数台であれば、10万円程度のサーバがあればOKなのです。後必要な物はVMwareですが、vSphere Essentials Kitの3台まで対応の物で、約7万円前後です。これだけでOK(※Windowsのライセンスは入れておりません)

全国1億2697万人のお客様から「え、本当にそれでダウンタイムの短い保護出来るの?

はい、実際可能となったのです。

では具体的な仕組みを図でご説明します。

リストア不要

 

要するにサーバに異常が発生した場合には、元気なサーバが直ぐに代わりに稼働し始めるといった事が可能です。システムダウンから稼働まで約90秒から120秒待つだけで運用再開出来るのです。

New Technology

ベースをVMwareのホスト上に作成後、その後は変更箇所だけを最小1時間単位でバックアップ可能です。増分は30以上となった場合、古い物から自動的に廃棄されていきます。

緊急時にはVMwareのスナップショットマネージャーからご希望のブートポイントから起動するだけで、

システム復旧可能となります。

 

実際の操作画面は

製品画面

過去最大級の簡単インターフェイス。なんとほぼ1画面。

誰でもシステム保護のプロフェッショナルになれるそんなvStandbyを、試したい、見たい、購入したいといった全国国1億2697万人皆様、お気軽に03-5256-0877に今すぐお電話下さい。(今直ぐでなくて明日でも構いません)

すぐにお試しいただける評価版もご用意しております。

 

皆様からのお電話を電話の前で待機してお待ちしております。

 

By Sato

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.