CrossOver Mac 14 日本語版販売開始いたしました!

ご無沙汰しております。NetJapan Mac 製品担当のM です。
 お待たせしてしまい大変申し訳ございませんでした!
11月26日よりOS X Yosemiteに対応したCrossOver Mac 14 を販売開始いたしました。

CrossOver Macって?という方に簡単にご紹介!

CrossOver Macは、Intel Mac上でWindowsアプリケーションをネイティブに動作させることができる互換レイヤーソフトです。仮想環境やWindows OSを用意する必要が無く、また互換レイヤーを使用していますので、オーバーヘッドが少なく動作が軽いのも特長です。CrossOver Macを使えば、Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)、一太郎、ホームページビルダーなどのWindowsソフトをMac上でシームレスに動作させることが可能です。
※互換レイヤー >> エミュレーション実行を実現する手法の一つ。CrossOverでは「Wine」というWindowsのバイナリをUnix系システムで動作させるテクノロジーを使っている

 では早速Ver.14のニューフィーチャーをご紹介させていただきます! 

<CrossOver Mac 14 ニューフィーチャー>

OS X Yosemite(10.10)対応:

Ver.14のニューフィーチャーはズバリOS X Yosemite対応です!
Yosemite上の日本語環境で安定して動作するよう検証を重ねました。
前バージョンのCrossOver Mac 13はYosemite上では動作保証されませんので、YosemiteでCrossOver Macをお使いになる場合、CrossoOver Mac 14へのアップグレードをお願いいたします。

メインウィンドウUIの改良:

Yosemite対応だけではありません!

今バージョンでメインウィンドウのUIが大幅に改良され、インストールされたアプリケーションのアイコンがメインウィンドウで一覧できるようになりました。

 

1

インストールされているアプリケーションが一画面で見渡せ、今までのようにフォルダを開いたりプルダウンメニューから選択する必要がなく、起動したいアプリケーションをすぐ見つけることができます。

また今まで別ウィンドウだった「ボトルの管理」をメインウィンドウ内で操作できるようにし、操作性がアップしました。

2

ボトルリストでボトルを選択すると、メインウィンドウには選択されたボトルにインストールされたアプリケーション・アイコンのみが表示されるので、数多くアプリケーションをインストールしている場合は使いたいアプリケーションを見つけやすくなります。

より使いやすくなったCrossOver Macをどうぞよろしくお願いします!

CrossOver Macにご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ体験版をお試しください。
CrossOver Mac の体験版は正規版とまったく同じ機能で30日間試用できます。
CrossOver Mac 14体験版

新しいバージョンを出したばかりですが、次のバージョンの予告を少し。
CrossOver Mac 14はOS X Yosemite対応がメインで新規のサポート・アプリケーションの追加はありませんでしたが、次バージョンでは新しいサポート・アプリケーションの追加を数多く予定しております。またUIもよりMacらしい洗練されたUIにさらに改良される予定です。どうぞお楽しみに!

 
今後ともNetJapan のMac 製品をよろしくお願いいたします。 

NetJapan Mac製品担当M


Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.