ActiveImage Protector 3.5 Virtual Edition クラウドライセンスリリース

ここ最近プライベートCLOUDでの自社サーバの運用を開始されているお客様が増加しております。

今後も増加していくと思われますが、そんな中、弊社のお取引先のSIベンダー様等から、ActiveImage Protectorでのバックアップを使用しているが、「今までVirtual Editionを使用しているが、プライベートCLOUDの場合、ホストの数が解らないのですがぁ~」といったお問合せも多くなって参りました。

そうすると、今までは、Server Editionを仮想サーバ台数分ご購入頂く方法しかありませんでした。

しかし、ここは、弊社開発、そして、弊社のプロデュースしているActiveImage Protectorですから、時代に合ったライセンスを用意しようと、社内で熱烈ミーティングを行いまして、この度新しくライセンスをご用意致しました。

その名は、ActiveImage Protector 3.5 Virtual Edition クラウドライセンス

このライセンスは仮想マシン5台分まで、価格は破格の198,000円(税別)となっております。

なんと1仮想あたり39,600円で安心のバックアップが行えます。

これは提案もしやすい価格ではないでしょうか?SIベンダー様も「ニヤリ!」そしてエンドユーザー様も「ニヤリ!」別名「ニヤニヤライセンス」がリリースされます。

ライセンスのくくりは、ホストに縛られない仮想マシン5台ですので、・・・「CLOUDでは無いよう」

と思われている方もじつは、・・・・

 

お問合せお気軽に頂ければご説明させて頂きます。

ActiveImage Protector 3.5 Virtual Edition クラウドライセンスを宜しくお願い申し上げます。

 

By Sato


Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.