PCの運用管理者のストレスを低減するための耳寄り情報

朝、出社するとユーザーから、「何もしていないのにOSが起動しない!」「アプリケーションが起動しない」「ファイルが無くなった!」など、問題の原因が管理者にあると言わんばかりに、怒りの矛先を向けられていませんか?ユーザーには、バックアップツールを提供し自動で定期的にバックアップ運用しているので対策は万端と思いきや、バックアップツールからのリカバリー操作が分からないから来て欲しいというケースが多いのではないでしょうか。同じビル内であればすぐに対応できますが、場所が離れていた場合などすぐに対応することなど無理ですよね・・・

●復元作業のいらないバックアップツール
このような問題を抱えている管理者に耳寄り情報として、復元作業のいらないバックアップツールStandby Rescue Multi 4.0」を紹介しましょう。Standby Rescue Multi は、健全な状態のハードディスク(アクティブディスク)を、もう1台のバックアップ専用ハードディスク(スタンバイディスク)に完全コピーし、障害が発生したときには即座に切替えて起動します。管理者は、例えば「ユーザーからOSが起動しない」という報告を受けた場合、電話で2台目のディスクから起動するように操作を指示するだけで1次対応は完了です。原因調査は、後から時間が空いたときに対応することができるようになります。

 srm3Zukai

 

●活用例:Windows 7への移行作業のリスク低減
活用例として、例えばWindows XP環境からWindows 7へアップグレードした際に問題が発生した場合、バックアップ専用ハードディスク(スタンバイディスク)のWindows XPに即座に切替えて運用を継続させることができます。これにより、Windows 7へのアップグレードにおける、安定稼動が確認されるまでのリスクを低減させることができます。

●製品詳細は、こちらよりご参照頂けます。

●体験版は、こちらよりダウンロードいただけます。

●お問合は、tel 03-5256-0877

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.