ActiveImage Protector ここが凄い!

予定よりリリースが延期してしまいまして、申し訳ございません。

11月30日 RTMとなりました。!!

今回SP1としてリリースする予定だったのですが、仮想部分の強化が進み、おそらく業界初?ではないでしょうか的機能が満載です。

そのためバージョンが2.5->2.7となりました。 SPはつかないようです。

強化された仮想環境についてですが、VmESXi、Hyper-Vなどの環境で、物理サーバで仮想OSが稼働している状態でバックアップを行います。

kaso

上図のようなサーバに仮想OSが2個実装されている環境で、物理サーバのバックアップを行うのですが、通常の製品では物理サーバのバックアップ時に物理OSのスナップショットは動作しますが、仮想OS側は稼働している状態のまま、なにもせずにセクターコピーが動作します。これでは復元した場合、物理サーバが起動しますが、仮想OSに関しては正常に動作出来ない状態となります。

ActiveImage Protector2.7は違います!

○物理OSのバックアップ時も、仮想OS側も停止状態にする事により、正常なバックアップを行う事が可能なのです。

この機能は実際に使ってみると分かるかと思います。

ActiveImage Protector2.7はバックアップ機能を真剣に充実させて開発した他社の製品異なる完全オリジナルな最強バックアップソフトウェアです。

また一歩神の領域に近づいたActiveImage Protector2.7にご興味がございましたら、迷わず03-5256-0877まで今すぐご連絡下さい。

ご注文お待ちしております。

By Sato

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.