仮想環境ライセンス

最近お問い合わせの多いHyper-V環境下での、バックアップをどうするかといったご相談ですが、弊社のActiveImage Protectorにお任せ下さい。

お客様のお話ですと、現在2003 Serverまたは2000 Serverを使用しているが、OSのサポート期間の問題で、仕方なく2008R2にHyper-Vといった組み合わせで運用を開始するといった内容の案件が多くあるようです。要するに業務系のアプリケーションは、2008 Serverにまだ対応していない製品が多いとの事なのです。

ActiveImage Protectorの仮想環境ライセンスであれば、1ライセンスで、1台の物理サーバにインストールする事により、そのサーバ上のゲストOSについては、無制限でご使用頂けます。各ゲストOSとホストOSのバックアップを行う事により、非常に簡単に、システム全体、ゲストOSごとのバックアップが、可能ですので運用も驚くほどシンプルにご使用可能です。

またファイルの誤った更新時にも、イメージファイルをマウントする事により、簡単に目的のファイルを入手する事が可能です。もう仮想環境はそこまで来ています。仮想化サーバになっても、バックアップはActiveImage Protectorでお願い致します。物理サーバも、もちろんActiveImage Protectorです。

03-5256-0877までお気軽にお電話下さい。

 

By Sato

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.