富士山

連日の猛暑続きで熱中症のニュースを毎日耳にしますが、元気にお過ごしでしょうか。
「ロンドンオリンピック」で寝不足の方も多いと思いますが、体力と気力でお盆休みまで乗り切りましょう。

さて、先日「富士山」へ行ってきました。富士山は学生の時に上ったきり、2度目の挑戦です。
5合目の駐車場まで、「富士スバルライン」という有料道路を通るのですが、有料道路手前に「ふじの山」が流れるメロディロードがあります。高速道路の料金所付近に居眠り運転防止として「三三七拍子」のような音と軽い衝撃を感じる箇所があるのをご存じでしょうか。それと同じ仕組みだと思うのですが、車で通るとメロディーが聞こえます。富士山に歓迎されているようで嬉しくなりました。

 この日の天気予報は曇りのち晴れでしたので、日差しを遮るものが全く無い富士山での日焼け対策には気を使っていましたが、あいにくの雨で、太陽を恋しく感じる寒さとなりました。朝8時に5合目をスタートして、少し早歩きで上りますが、標高が高くなるので、少し無理をすると心臓がばくばくしてきます。7合目付近までの砂場が多い区間は、前に足が進まないし、高度に身体が順応していないのか一番苦しい箇所でした。早めに水分と糖分を補給して無理しないで立ち止まりながらマイペースで登ります。酸素の量が少なくなるので、軽い頭痛や眠気、あくびが始まる仲間もいました。いわゆる高山病です。丁度、富士登山競走の前の週でしたので、試走しているツワモノにも会いました。また、夏休みということもあり、家族連れの子供達がとっても元気で、「あんなに幼いのに心臓は大丈夫なのかな?」と少し心配する程でした。途中、吹きつける冷たい風と霧で天気予報を恨みながら(笑)、また山頂付近になると岩場が多くなり、どの岩に足を踏み込むか?と1歩を1歩をひたすら考えながら登ります。そんなこんなで、思ったよりも9合目から山頂はすぐに着き、達成感よりも先に、足早に茶屋へ入り、ラーメンやお汁粉、暖かい飲み物をオーダーして冷えた身体を温めました。

天気が良かったら、富士山の火口を一周する、2kmほどのお鉢めぐりをする予定でしたが、とにかく寒くってすぐに下山することにしました。あんなに苦労して登ったのに、下りはスキーのボーゲンのようにスイスイ砂走りで、とても楽しく、また身体が温まりあっという間に下山します。帰りは河口湖付近の温泉につかり、大満足の富士山でした。

心肺機能が鍛えられ、下りで良いトレーニングができたということにして、今度は天気の良い日にまた登りたいな思いました。

次回は真夏のお祭り!奥武蔵ウルトラマラソンです。お楽しみに♪

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.