ナイトラン in 隅田川テラス

梅雨明け前の金曜日、月島からスカイツリーまでのナイトランをしてみました。
月島駅にほど近い「旭湯」に荷物を預かっていただきます。この旭湯、番頭さんがいたり、超レトロな“パーマ屋さん式”ドライヤーがあったりして、昭和時代にタイムスリップしたような下町情緒が漂ってます。しかもこの日は入浴料がなんと100円(通常は450円)。月に2回ふれあいデー(毎月第2金曜日および第4金曜日)があるそうで、「中央区はシニアや子供だけじゃなく、大人にも優しいんだよ」、と湯上りトークに花が咲いてるお婆ちゃん達が教えてくれました。こんな会話があるのも銭湯ならでは、今も昔も庶民の社交場、憩いの場なんですね。

さて、旭湯をスタートして、隅田川沿いにスカイツリー方面へ仲間と一緒にゆっくり走りだします。「隅田川テラス」は整備が進んでいて、隅田川に架かるたくさんの橋やカラフルな屋形船を眺めることができるのでランニングだけではなく、散策にもおススメです。中央大橋を渡り、永代橋、隅田川大橋、清洲橋、新大橋、両国橋、厩橋(うまやばし)、駒形橋、吾妻橋…隅田川にはたくさんの橋が掛っています。特に新大橋をみると思いだすのが、90年代のドラマ「ロングバケーション」(木村拓哉、山口智子出演)。平均視聴率が30%近かったのでご存知の方も多いと思いますが、新大橋の脇に撮影現場になったキムタクのマンション、通称「瀬名マン」の跡地があり、当時を思い出しほっこりするのでした。

そして、ちらちら見え隠れしていたスカイツリーがおっきくドーン、一同大歓声。湿度が高いせいか、香港の夜景のようにぼんやり幻想的でとても美しかったです。月島からは、丁度7キロのランでした。しばし写真を撮ったり休憩をしてから、旭湯に戻り暑ーいお風呂でさっぱりしてから、もんじゃを食べに行きました。もんじゃ屋さんが立ち並ぶ通りは賑わっていて、その人気がうかがえました。ご一緒したメンバーは初めてお会いする人もいたので、お互い遠慮してる様子にお店のおばさんが見かねて、手際よくもんじゃを焼いてくれました。おススメメニューの明太チーズもんじゃが特に美味しかったです。そして、皆さんのランニング話に新しい発見があって、気持ち新たにランニングができそうだなと思うのでした。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.