ActiveImage Protector Technical Preview版の重複排除圧縮とは?

ActiveImage Protector v3.5  Technical Preview版

10/21に開かれたvForum 2011でActiveImage Protector v3.5 の Technical Preview版を展示しました。TP版の目玉は重複排除圧縮機能です。重複排除あるいは重複削除は、最近ストレージに搭載されて話題になっている機能です。この重複排除をバックアップファイルに対して行い圧縮して保存容量の削減をねらうのがAIPの「重複排除圧縮」です。複数の仮想ディスクやサービスパックのロールバック用ファイルなど重複するデーターは意外に沢山あります。

重複排除とは?

「重複排除」は言葉通り、重複したものを排除して保存しない、ということです。では、なにをもって重複とみなし、どうやって排除するのでしょうか?一番簡単な例としては、AIPにはありませんが、重複ファイル削除という機能でしょう。ファイル名やファイルの内容を比較して同じものを見つけたらどちらかを削除する、というものです。Windowsのクリーンナップやパフォーマンスアップユーティリティによく搭載されています。単にだぶっているファイルを削除するだけですので、本当に必要かどうかはユーザーの管理になりますし、間違って消してしまったときに元に戻すのは、元の場所にコピーするだけとはいえ、元の場所を確認したりと案外手間がかかります。

次に、バックアップでの重複排除があります。まず、ファイル単位で、バックアップアップ時に重複しているファイルはリンクなどに置き換えて、復元時には自動的に元に戻す、というものです。

もうすこし高度なものになると、各ファイル内の重複している部分(ブロック)を較べて、同じ内容のブロックがあればFinger Printをつけてインデックス化して行きます。こうすることで、同じFPを持っているブロックは同じ内容ということがわかるのでバックアップ対象から排除、あるいは削除できます。これと同様のことをストレージ上で行えば、重複排除機能付のストレージということになります。ストレージにファイルを保存する時にFPをつけて既に保存してあるファイルのものと比較して重複排除を行うわけです。

そして、ストレージ、メディアサーバーベースの重複排除があります。これは、バックアップをしたものに対して既存のバックアップファイルとの比較をする「ポストプロセス」で行うのが通常です。最終的には容量は削減できますが、重複排除を処理する時間とバックアップファイルのための容量(比較先と比較元)が一時的に必要になります。保存時に重複排除を「インライン」で行えるストレージはハードウェアレベルでのサポートが入るので高速で一時的な容量も必要ありませんが、非常に高価な機器になってしまいます。

ActiveImage Protector の重複排除圧縮

AIPの重複排除圧縮は、バックアップ時にインラインでブロック単位の重複排除を行い圧縮をかけます。これで大幅にバックアップイメージファイルのサイズが縮小できます。バックアップ対象のボリュームあるいはディスクのバックアップをしながら重複を排除して圧縮をかけていきます。

さて、最初のバックアップが終わってもバックアップは終わりではありません。データーは常に更新されているのでスケジュールバックアップを行うのが一般的です。次回バックアップ時、ストレージレベルのポストプロセスではバックアップ取得後に重複排除を行うわけですが、AIPでは元々増分バックアップができるので変更部分だけをバックアップできます。毎回フルバックアップを行う必要はありません。

効果を測定

では、実際にどの程度小さくなるのでしょうか?vForum 2011(2011/10/20)に展示した参考出品したバージョンでの計測です。ターゲットマシンには仮想マシンを3台作成してあります。

重複排除計測データ

重複排除計測データ

高圧縮から更に30%程度圧縮できているのがわかります。所要時間は高圧縮の場合とほとんど変わりませんでした。他社製品の高圧縮も参考までに計測しましたが、圧縮アルゴリズムが似通ったものだからか、AIP v3.1(現行バージョン)を含めてほぼ同程度のサイズに収まっているのは興味深いところです。現行製品にくらべて30%程度のストレージの節約というのは相当の改善と言えるのではないでしょうか。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.