観光ランニング

秋らしく清々しい気候になり、皇居を走るランナーの姿も一層増えてきました。フルマラソンに向けタイムに一喜一憂する季節到来です。

 夏にコツコツ走り込んできた方はタイムの伸びも良いようで、少し焦りを感じますが無理は禁物。ケガをしては元も子もないので、冬の大会に向けて楽しみながら走ろうと思います。

 週末、水戸に用事があったので、千羽湖を走ろうかと思いましたが、フラットな周回コースはどうも飽きてしまい楽しめません。一定のペースで走る「ペース走」も苦手だということが分かりました。ということで、練習強度を上げられそうな魅力的な坂道を求めて、起伏のあるお隣の笠間市に行きました。

 笠間芸術の森公園をスタートし園内を回った後、お店から人があふれるほど人気のお豆腐屋さん(アイスクリームもあるみたいです。)を過ぎ、佐白山へ。ここはとても寂しい雰囲気に怖くなり、足早に笠間日動美術館へ下ります。美術館では現在「モーリス・ユトリロと魅惑の風景画」が展示されているそうです。美術館からつつじヶ丘公園へ続く上り坂は車も人もほとんど通らないので人目を気にせず、ハァハァ心拍数上げながら進みます。つつじ公園は季節柄、人っ子一人見かけませんでした。山肌に植えてあるたくさんのつつじを横目に、ただ黙々と坂を上りました。山頂につくと、景色が広がりとても暖かい!景色の先には連山が見え、「今後はあそこ目指してコースを練ろう!」等、考えながら、持ってきたおにぎりをいただきました。この美術館からつつじヶ丘迄の坂が気に入り、笠間場跡地の脇を通って坂道を何度か往復してみました。

 笠間日動美術館からつつじ公園に向かう坂道の途中には坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」の歌碑がありました。近くには「坂本九」さんの家もひっそりとあり、第二次世界大戦中、疎開した時に住んでいた家が保存されているそうです。そこから笠間稲荷神社までは、頭の中でぐるぐる歌が回ってテンションが上がりました。稲荷神社では菊祭りが行われていて人も多く、艶やかでした。最後に神社近くで稲荷寿司をいただき笠間を満喫した観光ランニングとなりました。

 ちなみに先日、東京マラソン2012の抽選結果発表がありましたが、みなさんは当選されましたか?私は・・・・来年も応援に行きたいと思います。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.