Standby Rescue Multi 4.0で外付けHDDにバックアップディスクを作成する

■Standby Rescue Multi 4.0とは

Standby Rescue Multi 4.0(以下SRM40) は、ご使用のPCの環境をHDD単位(または任意のパーティション単位)で、別のHDDを使って二重化できるソフトです。普段使用しているHDDやシステムに何らかのトラブルが発生し、起動できなくなった場合には、作成した「スタンバイディスク」から起動させることにより、システム復元の手間や時間を省略し、バックアップ時の状態へすぐに復旧させることができます。

この製品は、基本的にPC内に内蔵ディスクを追加して、そのHDDを「スタンバイディスク」として使用することを想定しています。ただ、この方法ですと、ノートPCを利用しているなど、物理的に内蔵HDDを追加することが難しいと、導入以前に敬遠されてしまうことが多い製品でもあります。

 

■PC環境に応じて外付けHDDへバックアップ

増設が難しい場合でも、USBやIEEE1394を利用した外付けHDDを使用して、いざという時のためのバックアップとして「スタンバイディスク」を作成しておくことができます。「ん?ちょっと待ちなさい。Windows は外付けHDDから起動出来ないじゃないか。」という声が聞こえてきそうですが、全くもってその通りです。確かにWindowsは外付けHDDからの起動をサポートしていません。

そこで今回は、同じ外付けHDDでも、既製の外付けHDDではなく、HDDケースや接続クレードルを利用してPCへ換装可能な内蔵用HDDに「スタンバイディスク」を作成する方法をご紹介いたします。

 

■外付けHDDを使う理由

この方法をおすすめするには次のような理由があります。

・ いざという時のバックアップHDDで、PCのHDD接続ポートを消費しない

・ 大容量HDDの価格が下落している

・ 格納する内蔵HDDを交換すれば、HDDケースを使いまわせる

第一に、いくら内蔵できるHDDの数が増えてきているとはいえ、その量には限度があります。データはPCを使用している限り増え続けるものであり、大容量ファイルを扱う機会も多く、ファイルサイズは肥大化しています。HDD接続ポートがそれほど多く用意されていないPCを使用している場合、このように貴重なHDD接続ポートを、万が一のためのバックアップのためのみに占有されるのは避けたいところです。できればこの接続ポートにもデータ用のHDDを増設し、より効率的にPCを使用したいという考えもあると思います。

また、メーカー製のPCの場合、デスクトップPCでも拡張性に限界があり、内蔵HDDをたくさん増設できない仕様となっている場合も多いようです。PCIスロットにSATAインターフェイスを増設する方法もありますが、今度はPCケース内のHDD格納用ベイが足りない、という事態になるかもしれません。

第二に、大容量HDDの価格が下落しているのも見逃せません。2、3年前はあまり一般的ではなかったTBレベルのHDDも非常に手頃な価格で販売されています。そして、HDDが手に入れやすくなったおかげで、HDD自体をひとつの交換用ストレージとして考えられるようになりました。HDDケースや接続用クレードルがひとつあれば、HDDを交換することにより、用途に応じてHDDを使い分けることもできます。このように、バックアップのために内蔵HDDを使用するよりも、外付けHDDを上手に利用した方が、PCのスペックによってはより効率的な使い方ができます。

 

■イメージングによるバックアップとの違い

PCのHDD接続ポートをつぶさない方法として、バックアップソフトを使用してバックアップイメージを作成し、万が一に備えた方がいいとお考えになる方もいるでしょう。もちろん、それも選択肢の一つです。

しかし、HDDが故障した場合はバックアップしたイメージから復元するための時間が必要になりますし、イメージを保存するためのHDD空き容量ももちろん必要です(そして、それは増え続けるデータとともに肥大化していきます)。差分バックアップなどを利用して、バックアップを行っている場合、基本イメージ復元後にそれらの差分を復元することも必要になります。そしてこれらを使用してシステムを復旧するためにかかる時間は、残念なことに、使用しているPCのデータ量に比例して大きくなってしまうのです。

SRM40を使用したバックアップの場合、バックアップ用と割り切ってHDDをひとつ使用する代わりに、これらの復元に要する時間をすべて節約することができます。故障したHDDの代わりに、「スタンバイディスク」から起動すれば、すぐにシステムを起動することができるのです。”手軽さ”という点から見れば、どちらが有利か一目瞭然です。

 

■外付けHDDを使用したバックアップ手順

それでは、SRM40と外付けHDDを使用したシステムのバックアップ手順を確認してみましょう。SRM40は、外付け/内蔵の区別なくHDDを認識するので、特別な操作は必要ありません。

 

[準備]

・ バックアップ用に用意した内蔵HDDをHDDケースやクレードルに組み込む

※ お使いのPCのマニュアルなどを参照して、最適なインチ数のHDDを必ず用意してください。PCに適合しないサイズのHDDでは、障害発生時にHDDを換装することができません。

※ オリジナルより容量の大きいHDDを用意することをおすすめします。

・ システムにSRM40をインストールする

 

[手順]

1. PCを起動して、外付けHDDを接続する

2. SRM40を起動する

3. 「操作」メニューから”スタンバイディスクの構成”を選択し、表示されたダイアログ上の”構成”をクリックする

SRM001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4. 設定ダイアログで、スタンバイディスクの作成先に外付けHDDを指定し、バックアップを行うボリュームを選択して”OK”をクリックする

SRM002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ※ バックアップ用のスタンバイディスクに構成する各パーティションを任意のサイズに変更することも可能です

 

5. 構成後のイメージがダイアログに表示されたら”OK”をクリックし、ダイアログに従ってスタンバイディスクを構成/バックアップ処理を行う

 SRM003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6. 処理終了後、SRM40を終了して外付けHDDを取り外す

これでバックアップディスクが作成できました。

後は、システムに更新がされたタイミング(ソフトウェアのインストールやWindowsアップデート実行など)や、データ作成時などに適宜外付けHDDを接続して、オリジナルディスクとスタンバイディスクの内容を同期/更新させればOKです。作成したスタンバイディスクから、ファイル/フォルダ単位での復元も可能ですので、誤って削除してしまったデータなどを手軽に復元することも可能です。また、SRM40はバックアップ時のオリジナル/スタンバイの構成を保持するので、HDDを複数台用意してスタンバイディスクを世代管理するといった構成も可能です。

 

これでオリジナルディスクに何らかの障害が発生した場合、スタンバイディスクと交換して起動することで、すぐにバックアップ時の状態に復旧させることができます。もちろんHDDの交換には、多少の手間はかかってしまいますが、バックアップイメージからの復元でもディスクの交換の時間は必要ですし、復元にかかる時間と合わせて比べれば格段に早くシステムを復旧できるでしょう。

 

1. HDDケースやクレードルから内蔵HDDを取り出す

2. PCから故障したHDDを外す

3. 故障したHDDの代わりに、HDDケースから外した内蔵HDDを接続する

4. 電源を入れて、バックアップしたシステムを起動する

 

HDDの故障は頻繁に発生することではありませんが、このようにすぐにシステムを復旧できる環境を用意しておけば安心です。体験版を利用してスタンバイディスクを構成することもできますので、この機会にぜひお試しください。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.