Hyper-V にはReZoomをお忘れなく

雨が降って急激な気温低下で体調がおかしい?(何時もおかしい)ので、事務所で資料作成!とか行っているのですが、

先日ニュースリリースが出たのですが、ブログを更新していなくて、相変わらずマイペース過ぎる自分に困っています。

冒頭にも記述してあるReZoomですが、これは新たに開発されたテクノロジーなのですが、結構先進的ですごいのです。

ついにAIPに組み込まれてHyper-V Editionとして新発売となりました。

体験版は下記よりお願い致します。

http://www.netjapan.co.jp/e/support/download/trial.php

Hyper-Vのホストをまずそのままバックアップします。

AIPではこれだけで、ゲストOSも全てバックアップされます。

で、取得したバックアップファイルからゲストOS毎に戻す事が可能なのです。 (びっくりしましたか? ) そーですか。

さらに、異なるHyper-Vのホストに対してもゲストOS単位で戻せるのです。 (大丈夫ですか? 本当の話です)

さらに、さらに イメージファイルをマウントしてファイル単位の復元も出来ますが、これが各VHDファイルの中からも可能なのです (えぇー)

貴方のHyper-Vの運用を必ず軽減して、またお値段もキャンペーン価格なので、大変お得になっています。

今ならゲストOSは無制限で1Hyper-Vホストあたり148,000円 もちろん初年度保守も含まれます。

aaaaaa

このように複数台のHyper-Vのホストサーバがある場合に、ホストサーバのハードウェア障害が発生した場合には、

一度に数種類のサーバダウンとなってしまいます。 しかしこのような場合にこのActiveImageProtectorのReZoom

の機能を使用する事により、異なるホストサーバに(各ホストサーバの負荷を考えながら)復元する事により、ダウンタイム

を最小限に抑える事が可能となります。

Hyper-Vの技術者様、エンジニア様、管理者様、ご提案者様 ぜひHyper-V Editionをご検討下さい。

ご期待に添えるよう対応させて頂きます。

ご注文もお待ちしております。

By Sato

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.