Drobo FS ファーストインプレッション [NAS部分編]

Drobo FS の NAS化部分のレビューです。

Drobo FSには DroboShare と同じように NAS化機能を搭載するために Linux OS を使用しています。
Linux系 OS と聞くとどうしても一番最初に実行してみたいコマンドは dmesg です。

Drobo FS の DroboApps 機能を有効化した上で、Dropbear SSH を追加して dmesg ログを取得してみました。

Linux version 2.6.22.18 (root@jwinfield01) (gcc version 4.2.0 20070413 (prerelease)) #1 Wed May 12 18:34:06 PDT 2010
CPU: ARM926EJ-S [41159260] revision 0 (ARMv5TE), cr=00053977
Machine: Feroceon-MV78XX0
Using UBoot passing parameters structure
Memory policy: ECC disabled, Data cache writeback
On node 0 totalpages: 131072
  DMA zone: 1024 pages used for memmap
  DMA zone: 0 pages reserved
free_area_init_core: realsize: 48128, size: 131072, memmap_pages: 1024
  DMA zone: 48128 pages, LIFO batch:15
  Normal zone: 0 pages used for memmap
free_area_init_core: realsize: 0, size: 0, memmap_pages: 0
CPU0: D VIVT write-back cache
CPU0: I cache: 32768 bytes, associativity 4, 32 byte lines, 256 sets
CPU0: D cache: 32768 bytes, associativity 4, 32 byte lines, 256 sets
Built 1 zonelists.  Total pages: 48128
Kernel command line: console=ttyS0,115200 mtdparts=cfi_flash_0:3m@30464k(kernel),21m@33536k(root_fs),2m@59m(var) root=/dev/mtdblock1 rw cpu0=eth0,eth2,eth3,pcie0,pcie1,sata,nand,spi,usb0,usb1,usb2,tdm cpu1=eth1,nor,xor ip=169.254.1.0:169.254.123.234:::DB78xx0:eth0:none
IRQ initialize for core 1
PID hash table entries: 1024 (order: 10, 4096 bytes)
Console: colour dummy device 80x30
Dentry cache hash table entries: 32768 (order: 5, 131072 bytes)
Inode-cache hash table entries: 16384 (order: 4, 65536 bytes)
Memory: 512MB 0MB 0MB 0MB = 512MB total
Memory: 188800KB available (2984K code, 255K data, 108K init)
Calibrating delay loop... 799.53 BogoMIPS (lpj=3997696)
Mount-cache hash table entries: 512
CPU: Testing write buffer coherency: ok
NET: Registered protocol family 16

  Marvell Development Board (LSP Version 2.0.2_Patch1_MV78XX0)-- DB-MV78200-A-BP  Soc: MV78200 LE
 Detected Tclk 200000000 and SysClk 400000000

最初の情報を見るかぎり、 Drobo FSのMPUは ARM926EJ-S (ARMv5TE) です。 DroboShare の MPUが ARM926EJ-Sid(wb) (ARMv5TEJ) だったため、これは同系統のMPUとなります。
Drobo FSの CPU は デュアルコア版の MV78200 LE、DroboShare は 88F5182 A2 です。
BogoMIPSによる簡易演算なので正確な比較はできませんが、 Drobo FSのCPU処理能力は 約 800 BogoMIPS、DroboShare の処理能力は 333 BogoMIPS です。
Drobo FSの搭載メモリは 512MB、DroboShare の 128MB と比較すると4倍の拡張です。

dmesg の残り部分については以下のリンクをご確認ください。


Drobo FSには Busybox 1.14.2、DroboShare には BusyBox 1.1.2 が採用されています。 Drobo FSの Busybox がサポートする命令は290個、DroboShare がサポートする命令は 146個です。

DroboShare では欠けていたフィルタ系の命令等が補完されているため Drobo FSではより高度なスクリプトの構築が可能です。

Busybox の構成の詳細については以下のリンクをご確認ください。

これまでのコメント

  1. avatar あべ :

    すいません、途中で送信してしまいました。

    Drobo本体が故障し起動不可になった場合、修理・復旧までの間に
    データ救済が可能かどうかを知りたいと思っております。

    ご確認いただけましたら幸いです。
    よろしくお願いします。

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.