EMC RepliStor Tips スケジュールオプションの効果的な使い方について

RepliStorの初期状態ではスケジュール設定がされていません。
つまり常にレプリケーションが動作している状態です。

これに対して、スケジュールオプションを使用すると、設定したスケジュールにしたがってレプリケーションを制御できるようになります。

RepliStorのスケジュールオプションでは、次の4つの制御を実行することができます。

1.更新の一時停止
ソースサイト(コピー元)で発生した更新データをターゲットサイト(コピー先)のデータディレクトリで保留し、実データには反映させない。
→ ターゲットのデータを更新前(1世代前)の状態にしておくことができます。最新のデータと更新前のデータを見比べることがある場合に有効です。

2.サイト転送の停止
ソースサイトで発生した更新データをターゲットサイトに送らず、ソースのデータディレクトリで保持する。
→ ソース、ターゲット間で実データの転送が停止し、RepliStorで使用する帯域を限りなく少なくできます。

3.転送の停止
ソースサイトで発生した更新データをターゲットサイトに送らず、ソースのデータディレクトリで保持する。
さらにソース、ターゲット間でハートビート通信も停止する。
→ サイト転送の停止に加え、ハートビート通信も停止するため、より多くの帯域を確保できます。

4.スロットル
ソース、ターゲット間での帯域の制限をおこないます。
→ RepliStorで使用する帯域を制御することにより、他のアプリケーションでのネットワーク通信を確保します。

例えば、次のような要求がある場合に、スケジュールオプションを使用することが有効です。

・業務時間内はサーバーの負荷とネットワークトラフィックの増加を避けるため、RepliStorによるレプリケーションを動作させたくない。レプリケーションは業務時間外に処理させたい。

・ソースとターゲット間のネットワーク線が細く、RepliStorで帯域を占有させると困るため、業務時間内はスロットルを使用して帯域を制御したい。

例として、午前9時から午後5時まで毎日スケジュールを組む場合は以下のように設定します。

rep_schedule01

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.