EMC RepliStor簡単活用法 第4回 フェイルオーバー構成

EMC RepliStorの主要な機能である、フェイルオーバーについて解説していきます。フェイルオーバーとは、あるサーバーに障害が発生すると、別のサーバーにリソースを切り替えることを言います。ハイアベイラビリティのシステムでは、ほとんどがこのフェイルオーバー技術を用いて可用性を高めているのです。

フェイルオーバークラスタの運用サイクル

基本動作は、MSCSやAutoStartなどクラスタリングソフトウェアと同じで、障害が発生すればクラスタリソースを待機側のサーバーへ移動させ、クライアントの接続性を守ります。

Failback

RepliStorでは、データレプリケーションソフトでありながら、仮想IP、仮想ホスト名の作成が可能なため、他社のデータレプリケーションソフトには無い利点を持っています。その利点とは、物理ホスト名を移動させるのではなく、仮想ホスト名を移動させる事が可能であるということ。これは非常に大きな意味を持っています。

RepliStorでは下図のようにクライアント接続を仮想ホスト名で処理させるため、障害が発生しても、その仮想ホスト名を移動させるだけである。

replistor

一方、他社製品では、物理ホスト名を移動させてクライアント接続を処理させるため障害復旧の際、名前の重複が起こる可能性が非常に高く、LANケーブルを抜いて復旧作業することになる。または、復旧作業が難解なためヒューマンエラーを引き起こし、データ損失やシステムダウンなど、2次障害を招く恐れがある。

other

フェイルオーバーの設定

設定はいたって簡単で、Aliasのメニューで必要な項目を入力していくだけである。

alias

このウィザードの詳細は、RepliStorの管理者ガイドをご覧ください。

ファイルサーバーのクラスタであれば、非常に簡単に構築が可能です。また、Windowsのサービスもクラスタリソースとして簡単に登録ができるため、WebサーバーやSQLServer、Oracleなどのクラスタリングも構成が簡単に出来てしまいます。

今回は、EMC RepliStorのフェイルオーバー構成について解説してきました。第5回ではパフォーマンスチューニングについてご説明していきます。

第1回 EMC RepliStorの概要
第2回 EMC RepliStorインストールとスペシフィケーションの作成
第3回 VSSオ プションの概要
第4回 フェイ ルオーバー構成
第5回 パフォーマンスチューニング

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.